ゲップが出ない 苦しい 症状 改善方法

ゲップが出ない苦しい症状の改善方法

スポンサーリンク

ゲップが出そうで出ない状態は、とても苦しいものです。
胃腸の膨満感や喉がつまったような違和感が続く人は、
胃腸が弱っていたり、呑気症と言う病気のサインかもしれません。
この症状は、ゲップが出ないと苦しいですが、
少しでも出すことができれば、体が楽になります。
一時的な症状であれば良いのですが、
この状態が長く続くようであれば、注意が必要です。
胃腸の運動機能が低下すると、体内にガスが溜まります。
この状態が胃腸の膨満感を引き起こし、
ゲップとして体内に溜まったガスを排出しようとします。
しかし、これが上手く排出されないことによって、
喉のつまりなど、喉の違和感を覚えるなどの症状を引き起こします。
また、呑気症は通常呼吸で吸い込む空気とは別に、
空気を飲み込んでいるために起こります。
胃腸の運動機能低下と同様に、空気が体内に溜まってしまうのです。
これらを引き起こしている一番大きな原因は、ストレスです。

そのため、神経が細やかな人は特になりやすい症状なのです。

スポンサーリンク

ゲップを自由に出せる人もいますが、
意外とできない人は多いものです。
コツは、お腹に力を入れて喉を開いたり、息を思いっきり吸い込んで、
喉から吐き出すようにするなどありますが、
うまくいかない方が多いのではないでしょうか。
自然にガスが上がってくるのを待って、吐き出すのが最も成功率が高いです。
それでも難しいようであれば、オナラとして排出するのも一つです。
でもそうは言われても、実際職場でオナラを出すことははばかられますよね。
いずれにせよ、先ほども述べましたが、この症状はストレスが起因となっていることが多いのです。
ですので改善方法としては、胃腸の状態を整えてあげるために、
消化の良い食事を心がけたり、でんぷん質などのガスが発生しやすい食材や、
炭酸飲料などのガス入り飲料などを控え、
ゆっくり良く噛んで食事をするようにしましょう。
また、胃腸を整えるための薬やサプリメントを活用するのも良いです。
どうしてもストレスを溜めてしまう人は、自分なりにリフレッシュできる方法を
見つけ、実践してみるようにしましょう。

趣味に没頭する時間を設けたり、適度な運動を週に何度かするなども良い改善方法です。

スポンサーリンク