ゲップが止まらない 子供

子供のゲップが止まらない症状は病気の可能性があります

スポンサーリンク

ゲップが止まらないといった症状は時に子供にも起こることがあります。
生まれたばかりの新生児にも実の所このようなゲップの症状が見られることがあり、状態によっては小児科での治療が必要になるのです。
新生児の場合には、胃軸捻転と呼ばれる病気が一つの可能性として考えられます。
この胃軸捻転は、胃の一部が捻じれを起こしてスムーズな消化しにくくなるの病気です。
従って、嘔吐や腹痛といった症状が現れてきます。
また、ゲップと同時におならが増えることもあります。
胃軸捻転の場合には、通常生活習慣などを見直すことで自然に治ります。
寝る時や抱き抱える時の姿勢を工夫することで対処出来ることが多いのです。
症状が激しい場合には、浣腸などを使用してスムーズな消化をサポートすることもあります。
いずれにしてもこの病気を疑われる症状が現れたら、小児科などで詳しい画像検査を受けることが望まれます。
まれに腸の神経障害の場合もあり、医師の診察が必要になるのです。

スポンサーリンク

ゲップが止まらない症状は、学童期の子供にも起こります。
このような場合に考えられる病気の一つが、呑気症です。
この病気は、精神的緊張や普段の癖などから空気を取り込み過ぎてしまうことで起こります。
口呼吸や早食いといった癖がある場合には、特に注意が必要になるのです。
呑気症になると、胃や腸に空気が溜まりゲップやおならが増えるなどの症状が現れてきます。
胃や腹部の張った感じなどが特徴的な症状で、治療は根本から考える必要があるのです。
呑気症の原因の多くを占めるのが、精神的な問題です。
緊張から空気を吸いすぎてしまうといった事例も多く、心理的な面からもアプローチをすることが求められるのです。
また、この時期に生じてくる歯の噛み合わせの問題が関係していることもあります。
噛み合わせが悪いと、口を上手に閉じることが難しくなり呑気症の原因となることがあるのです。
また、歯のくいしばりなどもこの病気を引き起こす一因となっています。

スポンサーリンク