新生児 げっぷ おなら

新生児のげっぷとおならについて

スポンサーリンク

新生児の授乳後にはげっぷをさせますが出ない事もあります。
出ないなら無理にさせる必要はありませんが、ミルクを口から出してしまう可能性があります。
その場合は顔を横向きにして寝かせたり、様子を見るようにしましょう。
新生児は授乳中に勢いでおならをする事も珍しくありません。
げっぷが出なくてもおならが出れば空気を出す目的は一緒なのですが、出来れば自分で出来るように教えてあげる事も大切です。
げっぷをすれば圧迫されたお腹が楽になることを覚えるので、その後は自分で自然に出来るようになります。
お母さんがげっぷを出してあげる時期は首が座るまでの期間なので、上手く出来なくても焦らないでお腹のマッサージをしたりして腸の動きが良くなるようにします。
この場合はおならとして空気が出る事になりますが、お腹の中の圧迫感を取り除いてあげられます。

スポンサーリンク

新生児のげっぷやおならが多い場合は、大人と違って食べ物の消化不良などによるガスが発生しているのでは無く、成分の半分以上は空気です。
授乳時に一緒に空気を飲み込んでしまう為に、体内に空気が入ってしまうのです。
また、哺乳瓶で飲ませるより直接母乳で飲ませるほうが空気が入りやすいのです。
新生児は小さいので一日の中で、おならをする回数が多いように見えても、大人がする量とほとんど同じくらいが一般的です。
おならの量が少ない場合でも回数はしており、気づかないのは母乳やミルクの消化が良い為に臭くないからです。
胃や腸が成長してきたり離乳食が始まると臭くなるのでわかりやすくなります。
いつもより臭い場合は便秘が原因の事があります。
母乳ですと母親が食べた食事の影響が出るので、消化の良い物を食べるようにすると母乳も変化します。
野菜などの食物繊維を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク