ゲップが 出る 理由 病気

ゲップが出る理由は隠れた病気のサイン?

スポンサーリンク

誰でも炭酸飲料などを飲んだ後は、ゲップが出てしまうと思います。
ゲップが出る理由は、空気やガスが胃の中に溜まり、食道を通って体外に排出しようとすることです。
しかし、炭酸飲料も飲んでいない、食べ過ぎてもいないのに、空気が溜まってしまう時があります。
その理由は色々ありますが、最近よく耳にするのが、逆流性食道炎という症状です。
この病気から出るゲップは、胃酸過多も含んでいるので、食道がジリジリと胸やけした感覚も起こります。
食道裂孔ヘルニアという病気の場合もあるので、いずれにしても専門医の診断が必要になってきます。
ゲップは胃の周りの筋力が低下した時も、しまりが悪くなり頻発しやすくなります。
その他にも、ストレスによってゲップが出るという、心因性の理由も考えられています。
その一つとして、空気嚥下症という症状が起因となる場合もみられます。

スポンサーリンク

コーヒーやたばこ、アルコールなども胃酸過多になる原因です。
加齢による腹筋の衰え、食後すぐ眠ることも逆流性食道炎に繋がります。
空気嚥下症は、別名「呑気症」とも呼ばれ、その名の通り、空気を飲み込んでしまう症状です。
ストレスによって、唾をたくさん飲み込んでしまい、空気も一緒にお腹に溜まるのです。
呑気症は、溜まった空気をゲップとして出せない症例もあります。
空気が胃に溜まれば、ゲップが出ることにより楽になるのですが、ストレスが原因になっている場合は、胸やけや喉鳴りに代わる場合もあるのです。
中には、ゲップが出ることが気にならない人もいますが、ゲップの理由には病気が潜んでいる場合も多いので、頻発する時はそれなりの対処をしましょう。
まずは、ストレスを減らし、空気を飲み込まないよう気を付け、メンタル面を安定させ、ゲップの症状が和らぐよう、心がけましょう。

スポンサーリンク