添い乳 新生児 ゲップ

新生児に行う添い乳にゲップは必要なのか

スポンサーリンク

新生児の頃は、授乳回数も多く母親は夜中に何度も授乳の為に起きなければなりません。
この新生児の時期は、殆どの母親が酷い睡眠不足に陥り体力的にも精神的にも非常に辛い時期でもあります。
そして少しでも体の負担を減らす方法として多くの女性が行っているのが添い乳と言う授乳方法です。
これは母親が横向きに寝たまま胸を出して授乳すると言う方法で、起き上がって赤ちゃんを抱き上げる必要も無く母親も寝たままの態勢で授乳を行う事が出来るので夜中の授乳が非常に楽になるのです。
しかし添い乳で注意しなければならないのは、途中で母親が寝てしまい赤ちゃんに体ごと覆いかぶさってしまったり、胸を鼻に押し付けてしまう、母乳の吐き戻し等の事故です。
新生児は体が小さく力が非常に弱い為に、顔に被さってくるものを自分で払いのける事は出来ませんから添い乳を行う場合には赤ちゃんが最後まで飲み終わるのを見届けなければなりません。

スポンサーリンク

そして哺乳瓶でミルクを与える場合は空気を飲み込みやすくなる為に赤ちゃんを縦に抱っこして背中を叩いてゲップをさせる必要がありますが、添い乳の場合は空気を飲み込まない為にゲップをする必要はありません。
しかし稀に母乳であっても空気を飲み込みやすい赤ちゃんもいるので苦しそうな素振りを見せる場合や、何度か吐き戻しを行った事があると言う場合には、一度赤ちゃんを抱き上げてゲップを出してあげなければなりません。
この様に添い乳は、母親の体への負担を大きく減らすメリットがありますが、気をつけなければならない点も幾つか存在するのです。
そしてこの授乳方法は、赤ちゃんの寝かしつけをスムーズに行う事もできます。
赤ちゃんは母乳を飲みながら心地よく眠りにつくことが出来ますし、母親も楽な態勢で授乳を行う事が出来るので母子ともにリラックスする事ができるのです。

スポンサーリンク