赤ちゃん げっぷ 出ない 寝る

赤ちゃんのげっぷが出ないまま寝るのは危険?

スポンサーリンク

赤ちゃんに授乳した後には、げっぷをさせてあげる必要があります。
その理由としては、赤ちゃんは母乳やミルクと一緒に空気も飲み込みますが、自分でその空気を出すことが出来ないためです。
そのため、そのままにしていると、空気と一緒に飲んだ母乳やミルクも吐き出してしまいます。
生後5〜6ヶ月程度までは、げっぷをさせてあげるようにしましょう。
それ以降は、空気を飲み込んだとしても自然と排出させることが出来るようになりますので、げっぷが出ないからと慌てる必要もなくなっていきます。
げっぷをさせるコツとしては、赤ちゃんの頭を支え、背中を若干強めに叩くようにします。
この状態で寝る場合もありますが、その状態で寝ると母乳やミルクを吐き出すこともありますので、注意が必要です。
なかなか出ないという場合には、角度を変えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

もし、なかなかげっぷが出ない場合には、少し力を入れて背中を上下に擦るようにします。
これでも出ないという場合には、空気がそれほど胃の中に入っていない可能性があります。
母乳やミルクを吐いても良いように横向きに寝かせ、背中の下にタオルやまくらをあてるようにしましょう。
胃の未発達な赤ちゃんの場合、非常に吐きやすいため、少しのことでも吐いてしまう可能性があります。
体質もありますので、吐きやすい場合には、吐いたものでのどを詰まらせないように頭の角度が高くなるように調節して寝かしつけるようにしましょう。
日々、体重が増えているようであれば、それほど心配する必要はありませんが、勢い良く吐くというような事が続く場合には、病気である可能性がありますので、注意が必要です。
すぐに医療機関を受診し、相談するようにしましょう。

スポンサーリンク