便秘 げっぷ 胃もたれ 原因

便秘がげっぷや胃もたれの原因になる

スポンサーリンク

腸の健康は全身の健康とも関係が深いですから、便秘によって全身へ様々な悪影響を与えてしまいます。
便秘をするようになってから、げっぷや胃もたれを起こすようになったという方もたくさんいらっしゃいます。
これらの原因になっているのが腸内で発生している有毒ガスの影響です。
便秘になると腸内に悪玉菌が増えてしまって、消化しきれなかった食べ物などをえさとして、どんどん繁殖していきます。
また、これらの食べかすを腐敗させてしまって、有毒なガスを発生させます。
このガスが腸内にたまった状態となりますから、お腹辺りの器官が押し上げられて、胃もたれや胸やけを起こしやすくなります。
また、有毒ガスは腸壁から吸収されると、血液へと流れ込んで全身へ運ばれて行きます。
口から排出される場合にはげっぷとして排出され、お尻から排出される場合にはおならとなり、回数が増えてしまいます。

スポンサーリンク

このようなお腹が苦しくなったりげっぷが出やすくなるのを防ぐためには、腸内環境を良くするのが一番です。
腸内に悪玉菌が繁殖しているのが原因ですから、善玉菌を増やすような食品を積極的に取るようにすると効果的です。
乳酸菌が多く含まれているヨーグルトや漬物などの発酵食品や、食物繊維を含む野菜や海藻などをしっかりと取るようにしましょう。
また、悪玉菌は脂質や糖質、動物性たんぱく質などをえさとしていますから、これらを控えるだけでも、腸内環境改善に役立ちます。
また、適度な運動は腹筋を強化して全身の代謝を高めるのに役立ちます。
腸の動きも活性化されて排便しやすくお腹の筋肉を鍛えられますから、軽い適度な運動をすると効果的です。
ウォーキングなどなら運動不足の方でも取り入れやすいですから、まずは軽い運動を継続させるのを目的として実践していきましょう。

スポンサーリンク