ピロリ菌 除菌後 胃もたれ 原因

ピロリ菌の除菌後に胃もたれが発生する原因

スポンサーリンク

胃腸にピロリ菌という細菌が感染をしてしまうことによって、人は下痢や胃もたれといった体調不良を起こすことがあります。
医療機関で処方された薬を服用することにより、除菌後に体調を再び安定させることが出来るようになります。
ですが中には除菌後に胃もたれが発生してしまうことがあり、理由については食べ過ぎることが原因となります。
確かにピロリ菌を滅菌することによって、胃もたれなどの症状を完治させることが出来ます。
しかし完治直後は胃がまだ完全に回復をしていない状態となっているので、食事量などを多くしすぎないようにすることがポイントです。
そんな時に脂っこい食べ物などを食べてしまうことによって、胃に対して再び負担がかかってしまうことになります。
そうなると再び胃の病気になってしまうことがあるので、除菌後は少し時間を置いてから食事量を元に戻した方が良いです。

スポンサーリンク

ピロリ菌という細菌を体から滅菌することによって胃もたれを解消することが可能であり、それによって症状を安定させることが可能です。
ですが中には除菌後に再び症状が再発してしまうケースがあるため、ここで予防策として覚えておくべき豆知識を紹介します。
ポイントとして治療後における豆知識として、なるべくお酒やタバコは吸わないようにした方が良いです。
アルコールやニコチンという成分については、体の機能を低下または悪化させることがあります。
そういった成分が胃腸の中に入ってしまうことで、胃に対して再び負担がかかってしまうことになります。
そうなると胃もたれといった症状だけでなく、喉の調子が悪くなったり肺がんなどを発症するリスクが高くなってしまいます。
そうなると逆効果になってしまうため、飲酒や喫煙については出来るだけ控えた方が良いです。

スポンサーリンク