授乳中 胃痛 対処法 原因

授乳中の胃痛の原因と対処法

スポンサーリンク

妊娠をすると、自分でも予想していなかったような体調変化があります。
産後しばらく経ってから激しい痛みに苦しむ人は多くいます。
授乳中の胃痛は原因がはっきりと解明されていません。
産後2週間から1ヵ月後に出てくる場合が多く、産後の胃痛は育児による精神的負担が疲労が表面化して引き起こされていると考えられています。
授乳中の胃痛は個人差があり、全くない感じない場合もあります。
精神的な負担が主な原因であるからには、ストレスを軽くするのが一番の対処法です。
家族や両親に相談して、少しでもストレスを解消することが重要です。
ただし、あまりにも痛む場合は我慢せず胃腸科や消化器内科などの病院で検査を受けるべきです。
逆流性食道炎や機能性胃腸障害といった診断がなされる場合もあり、胃酸過多を抑える薬や胃の働きを促進する薬が処方されることがあります。
継続して服薬することで胃痛を和らげることができます。

スポンサーリンク

また、胃に負担をかけない食事を心がけることも重要な対処法ですです。
一般的にはキャベツやりんごなどが消化に良いといわれています。
大根や山芋にはジアスターゼと呼ばれる消化酵素が含まれているため、消化を助ける働きが期待できます。
授乳中はめまぐるしく変化する生活環境で疲労が蓄積されやすいため、食事面から母体をケアすることも大切です。
授乳中は体力の消耗が著しく、疲労や精神的ストレスをためやすい時期です。
産後は育児に夢中になり、自分の心や体のケアがおろそかにしがちです。
無理が続くと、産後うつを引き起こす要因にもなります。
恒常的に睡眠不足や疲労を感じているときは決して無理をしてはいけません。
ゆったりとした心構えで、疲れたら休むという姿勢が一番の対処法です。
また、胃痛が長期間続いている場合や痛みが激しい時は、早めに医師に相談してください。

スポンサーリンク