胃痛 みぞおち げっぷ 対処法

みぞおちの不快と胃痛やげっぷが多い時の対処法

スポンサーリンク

人間はさまざまな理由によって胃痛を引き起こします。
そのほかにみぞおちがムカムカするやげっぷが頻繁に出るなどの様々な要因があります。
空腹時や食後はもちろんのこと、ストレスなどによっても胃痛などが引き起こされます。
また女性の場合には生理時や妊娠中などもこうした不快に悩まされます。
特に妊娠時は胎児が大きくなるにつれて、みぞおちの不快感やげっぷが多発するケースも多いです。
一過性のものもありますが、長期的に体調の不良を感じるときは医師の診断を受けることをお勧めします。
実際にただの胃痛だと思っていても胃潰瘍や胃がんなど自分では気が付かない病気になっているケースもあるからです。
胃薬などを飲んでも改善しない場合には、胃カメラなどの精密検査も受けることで、早期に病気を発見できる場合もあるためおすすめです。

スポンサーリンク

日常生活で起こる胃痛やみぞおちの不快及びげっぷはさまざまな対処法によって、その不快を和らげることが可能です。
胃酸過多によって痛みを引き起こしている場合には、刺激物を控えることが大切になります。
例えば辛いものの取りすぎやアルコールの摂取、喫煙、炭酸飲料の飲みすぎなども原因になります。
こうしたものを摂取する際には、豆腐や乳製品などは胃に優しいため一緒に摂るとよいでしょう。
また、食後などに胃が痛む場合にはストレスなどによって胃腸が弱っているケースもあるため、生活習慣から見直してみることをおすすめします。
妊娠時の不快は出産すると良くなる傾向ですが、数か月間不快に悩まされるため、あまりにも我慢できない場合には医師に相談することで、不快を軽減できるケースもあります。
近年、ストレスが引き金となって胃の不快を発症するケースが多くあるため、ストレスの軽減もとても大切な要素です。

スポンサーリンク