ロキソニン 副作用 胃痛 原因

ロキソニンの副作用で胃痛が生じる原因

スポンサーリンク

ロキソニンという薬を服用することで得られる効果として頭痛や生理痛の緩和があり、医療機関で処方されることが多いのが特徴です。
しかし副作用として胃痛が発生する可能性が高くなっており、理由については胃に作用するあることが原因となります。
ロキソニンは胃酸を保護する酵素の活動を邪魔してしまうので、それによって胃痛という症状が出てしまう確率が高くなっています。
確かに鎮静薬として高い効果を発揮する薬ですが、その分一度副作用が発生すると痛みについても高くなります。
そのため医療機関で処方された時においては、同時に胃薬もセットで渡されることが多くなっています。
この胃痛という症状については、副作用として発症してしまう可能性が非常に高くなってしまうことがあります。
なので万が一胃薬が処方されなかった時には、医師にセットで出してほしいことを伝えると良いです。

スポンサーリンク

 病院やクリニックなどで処方されることがあるロキソニンという薬の副作用として、胃痛という症状を感じるケースがあります。
そこでそういった事態が起きた時に、どういった対処法を取ることが推奨されているのか紹介していきます。
ポイントとして食欲を一定以上に保つことが重要であり、胃痛になると食欲不振になることがあります。
確かに食欲が低下してしまうことによって、食事の量についても減少してしまうケースが多いです。
しかしそうなると栄養バランスの量も低下をしてしまうので、さらに体の免疫力が下がってしまうことになります。
また食事の量を減少させてしまうことによって、その後仕事などを控えている場合において悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
なので出来るだけ胃に負担をかけないようにしつつ、一定量以上の食事を取ることが重要となっています。

スポンサーリンク