ゲップが多い 胃痛

ゲップが多い場合や胃痛がある場合には胃の病気の可能性があります

スポンサーリンク

ゲップが多い、胃痛があるといった症状がある場合には、胃を始めとする消化器の病気の可能性があります。
ゲップは、口から取り入れた空気や食べ物の分解の過程で発生したガスが逆流してくることで起こります。
このような逆流は、食道の病気や胃の機能低下、胃炎などによって多くの場合引き起こされるのです。
腫瘍などの影響で胃の一部が狭くなると、腸へガスが流れなくなり逆流してゲップが生じてくることもあります。
このように、様々な原因で起こるゲップは、他の症状にも気を配る必要が出てきます。
胃痛などが合わせてある場合には、やはり胃の病気の可能性が高いのです。
考えられる病気としては、胃潰瘍や胃がんなどが挙げられます。
このような病気に罹患すると、胃の粘膜が荒れて大幅な機能低下を引き起こしてしまうわけです。
比較的症状の現れ方が激しい胃潰瘍の場合には、臭いや酸味のあるゲップが生じてくることもあります。
このような症状が現れたら、医療機関を受診する必要があるのです。

スポンサーリンク

ゲップが多く、胃痛の症状がある場合、意外に食道の病気が関わっていることもあります。
食道は食べ物を胃に送り届けている器官で、通常は胃酸の影響を受けないような構造になっています。
ですがストレスなどの影響でこの機能の働きが悪くなると、胃酸が逆流を起こして食道の組織を荒らすことがあるのです。
こうなると、食道に炎症が起こり、胃や喉周辺の痛み、食欲の低下、ゲップなどの症状が現れてきます。
ゲップは、通常の生活でも出ることはあります。
ですが、その頻度が多くなってきた場合や胃痛を伴う場合には、このような様々な病気が関わっている可能性があるのです。
ですので、自分の症状を見ながら対処法を決めていくことになります。
消化器の病気の可能性が否定されれば、生活習慣の見直しなどで症状を改善していくことも可能になるのです。
ついつい軽い症状と見逃しがちなゲップは、実の所大きな病気のサインであることもありますので、注意が必要となります。

スポンサーリンク