逆流性食道炎 食事 回数

逆流性食道炎と食事の回数について

スポンサーリンク

ストレスなどが原因で発症する逆流性食道炎は、日常の食事を工夫することで症状が緩和することがあります。
例えば、食事の回数を増やす方法です。
逆流性食道炎は、概して胃や食道に大きな負担がかかることで悪化します。
胃酸の分泌が促進され、胃や食道の粘膜がただれてしまうことが問題です。
ですので、1回の食事量を減らして回数を増やすようにすることで、少なからず負担を抑えることが出来ます。
逆流性食道炎を悪化させる要因として挙げられるのが、様々な刺激性食品です。
コーヒーや紅茶といったカフェイン飲料はもちろんのこと、胃酸の分泌を増やす食品も逆流性食道炎の場合には避けた方が無難です。
トマトやかんきつ類は時にこういった胃酸を増やすことがあるため、適量に抑えることが必要となります。
ちょっとした工夫が物を言うのが、この病気の特徴です。

スポンサーリンク

逆流性食道炎の典型的な症状の一つが、ゲップです。
ゲップは、胃酸が増えている時に発生します。
ですので頻繁にゲップが出るようであれば、食事内容に気を付けることが大切です。
粘膜を保護する作用を持つ乳製品や、負担を与えない白身の魚や鶏肉などを利用するのが一つの方法となります。
ストレスを溜めないことも、速やかに症状を改善するためのポイントです。
この病気は実の所、生活習慣も大きく関係しています。
早食いの習慣のある方や一度に大量に食べる傾向がある方は要注意です。
暴飲暴食は食道や胃にとっては大きなストレスとなります。
アルコールの過剰摂取も症状を引き起こす誘因です。
この食道炎は比較的若い世代にも多く見られるため、早期の改善が求められます。
忙しい生活を送っている方が多い現在では、食事をとる環境も見直すことが必要です。

スポンサーリンク