呑気症 喉が鳴る 原因

喉が鳴る原因となる呑気症

スポンサーリンク

喉が鳴るという症状が出たといった場合、多くは呑気症という病気である可能性があります。
呑気症とは、多量の空気を飲み込んでしまうために、胃の中に大量の空気が流れ込んでしまう事で起こり、お腹が張ったり、げっぷやおならが異常に出たり、場合によっては不快感や痛みを伴う事もあります。
また、げっぷが出る代わりに喉が鳴るという人もいます。
原因としては、明らかになっている事はありませんが、精神的ストレス・食事や呼吸の癖・歯の噛みしめが大きく関係していると言われています。
歯を噛みしめる事によって、空気を一緒に飲み込んでしまう事があるという、噛みしめ症候群という病気があります。
噛みしめ症候群にかかる事により、これらの症状に加えて、肩こり・こめかみが痛む・目の奥が痛む・頭痛・吐き気などの症状を伴うと言われています。

スポンサーリンク

治療方法は、原因となる精神的ストレスを解消する事が主になります。
症状が重いといった場合には、抗うつ薬や抗不安薬などの精神安定剤が処方される事があります。
漢方薬によって治療する方法もあり、半夏瀉心湯という漢方は、精神安定や胃腸の整腸作用に効果があります。
漢方は昔からある薬であるため、自然な成分を配合しているので、科学で作られた薬よりも安心して使用する事ができます。
更に副作用も少ないため、精神的不安も取り除く事が出来るといった効果も得られます。
また、アルコール・炭酸飲料・甘いもの・辛いもの・脂肪を多く含むものを控えるといった、食生活の改善やよく噛んで食べるという事も大切です。
噛みしめ症候群である場合には、歯科を受診した上で、マウスピースを装着する事によって改善が見られる事があると言われています。

スポンサーリンク