食後 ゲップ 原因

食後などに出るゲップの原因

スポンサーリンク

ゲップは、胃の中にある空気やガスが口から出る現象です。
食後に出ることが多く、その原因も様々です。
食事の際に食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまっているためその空気を出そうとする、炭酸飲料を飲んだときに胃の中に炭酸ガスが充満するためそのガスを出そうとするなどがあります。
これは、誰にでも起こりうるごく自然なことです。
経験したことがある人も多いのではないでしょうか。
よく噛まずに飲み込んだり早食いをしたりすると空気が入り込みやすくなりますので、よく噛んでゆっくりと食事をとることを心がけましょう。
食後に出るもののほかにもゲップには様々な原因があります。
胃腸の調子が悪かったり、緊張状態のときも出ることがあるのです。
ストレスを感じていたり緊張していると知らず知らずのうちに唾液と空気を飲み込んでしまっていることがあります。
空気嚥下症や呑気症と呼ばれるものです。
そのほかに腹部膨満感や胃の不快感を感じることもあります。

スポンサーリンク

ゲップは胃腸の病気のシグナルである可能性もあるので、病院で専門家に診断してもらうことも大切です。
胃腸の調子が悪くなると、悪玉菌などの影響により機能が低下して有害なガスが発生し、それが口から出ることがあります。
便秘や胃腸炎からくるものかもしれません。
さらに、胃潰瘍や逆流性食道炎が原因である可能性もあります。
胃もたれや胸やけや吐き気や膨満感を感じたり、胃酸が逆流しているような酸っぱいゲップが出る場合は、きちんとした検査をする必要があります。
このように、食事のしかただけではなく胃腸の病気が隠されていることもありますので見逃さないように注意しましょう。
ゲップが出るのを抑えるためには、食事のしかた、胃腸を健康に保つ、ストレスをためないということが大切なのです。
食事の際はなるべく空気が入り込まないようによく噛んでゆっくり食べることを心がけ、暴飲暴食は避けましょう。
食生活や生活習慣を見直してストレスをためない体を作ることも大切です。

スポンサーリンク