逆流性食道炎 お腹の張り 対処法

逆流性食道炎のお腹の張り等の対処法

スポンサーリンク

いつものようにご飯を食べたり飲み物を飲んでいたのに、なんだか気持ち悪い、なんだかお腹の張りが気になる、胃から何か上がってくる感じがする等の症状は逆流性食道炎という疾患の疑いがあります。
この逆流性食道炎は近年の食事の欧米化等により被害が増加傾向にあり、若い人でもかかりやすい病気です。
名前の通り、食べた物や胃液といった胃の内容物が逆流してその酸で食道を傷つけ炎症を起こし、先に述べたような吐き気やお腹の張り、胸焼け等の症状を誘発します。
さらに単に不快なだけでなく、放置すれば慢性化し、最悪の場合胃ガンや食道ガン等の重症の原因となってしまいます。
なのでまず病院に行き投薬等で正しく治療して貰うのが一番ですが、自己診断で逆流性胃腸炎の疑いがある場合の対処法もありますので今すぐ自分で出来る対処法を紹介します。

スポンサーリンク

まず大事なのが、消化に悪い食べ物を極力避けて胃に負担をかけない事です。
消化しにくい物が胃に入ってくると、それを消化するために胃は胃液を大量に分泌します。
これが胃で満タンになってしまえば当然のように食道に上がってきてしまい、症状を増長させてしまいます。
また、食べ物をしっかりとよく噛んで食べる事により消化しやすい状態にする事で胃への負担を最小限に抑える事ができます。
辛い物、熱い物、甘い物等刺激物も胃に負担をかけ、胃液の分泌を活発にさせてしまうので避ける方が賢明と言えるでしょう。
胃への負担を避けると言う意味では、とにかく満腹状態にせず、腹八分目に抑える事も有効です。
後はストレスを極力さけ、胃腸を冷やさないようにして過ごし、しっかりとし睡眠を取って生活習慣を改善させるのが何よりの対処法と言えるでしょう。

スポンサーリンク