逆流性食道炎 朝 吐き気 原因

逆流性食道炎により朝吐き気を感じる原因

スポンサーリンク

逆流性食道炎という病気になることで気持ちが悪くなることが多いですが、時間帯については朝に発症しやすくなります。
主に吐き気といった症状を感じることが多くなりますが、原因についてはいくつかの要因が関係しています。
1つめの原因として、夜睡眠をする前に何か食べ物を食べてしまうことで発症率が高くなってしまいます。
通常食べ物が胃の中で消化されるまでには30分から数時間ほどかかりますが、睡眠前に食べてしまうと消化しきれなくなることがあります。
それによって胃の中で食べ物が残ってしまうので、それが逆流性食道炎となってしまうことがあります。
また朝起床時に消化出来なかった食べ物が残っていることから、それによって吐き気を感じてしまうケースも少なくないです。
なので睡眠前に食事を取ってしまうことで、こういった症状を発症しやすくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 2つめの逆流性食道炎が原因で朝吐き気を感じやすくなってしまう原因として、胃に対して刺激が強い食べ物を食べた場合です。
これについては時間帯についてはあまり関係がなく、主に味の濃い食べ物が該当することが多いです。
具体的にカレーやマーボー豆腐といった料理となっており、これらを多く食べ過ぎてしまうことで病気の発症率が増加してしまいます。
こういった食べ物の影響によって、胃に大きな負担がかかってしまうことがあるので注意が必要です。
しかしポイントとして食べ過ぎなければ大丈夫なので、数ヶ月に1回程度の頻度であれば食べても問題はないです。
あくまでも食べ過ぎることによって発症率が増加するため、適量であれば逆流性食道炎になることもないです。
ですが夜にこういった食事を食べると発症しやすい点においては、色々と注意が必要となります。

スポンサーリンク