胃痛 和らげる 寝方

胃痛に悩まされている人必見!和らげる寝方は?

スポンサーリンク

胃痛に悩んでいる人は意外に多く、特に夜に胃痛が出るということがあります。
そういう場合には出来るだけ痛みを和らげる寝方をすることが大切です。
夜に起こる胃痛の多くが逆流性食道炎が原因である場合があります。
その場合には出来るだけ胃酸が逆流しないような寝方を心がけることが大事です。
具体的には寝るまでの行動も関係してきます。
胃が活発に活動をしてしまうと胃酸も多く出てくることになります。
そうならないためには寝る2時間前には最低でも食事は終えることが大事です。
そして、寝るときには全く胃の中になにもない状態であることが理想です。
もちろん食べたものによってはもっと消化に時間がかかる場合もあります。
その場合にはもっと早く食べておく必要があります。
後は寝る姿勢ですが、これは基本的に左側を下に持ってきて寝ると胃痛になりにくいとされています。
胃の形は基本的に変わることがないので寝方さえ気をつければかなり和らげることが可能です。

スポンサーリンク

しかし、それでもむかむかしてしまうことがある場合には胃酸の逆流を抑えるために頭を出来るだけ高くして寝るということも大切です。
腰の部分から自然な傾きを作ってあげるということが大事です。
首の部分だけを高くしてしまうと姿勢が悪くなって他の症状が出てしまうこともあるからです。
様々なことに気を配るのはもちろんですが、基本的な食生活をリズム良く過ごすことも非常に重要になってきます。
もうひとつ寝る前に重要なこととしてはお風呂があります。
しっかりと湯船に浸かっておくと自律神経も整って胃痛を和らげることにも効果があります。
とにかく寝方も大切ですが、寝る前の時間の過ごし方も非常に大切です。
その両方が車輪の両輪のようにしっかりとしていないといけないといえます。
胃痛はつらい症状ですが対応の仕方次第では改善させることも可能です。
自分の痛みのくせを知って試行錯誤をしてみることも大切です。
最終的には個人差があるからです。

スポンサーリンク