胃痛 波がある 吐き気 原因

吐き気と胃痛に波がある時の原因

スポンサーリンク

日常生活の中で、少し食べ過ぎてしまうと胃痛が発生することがあります。
したがって食事は非常に大切なこととなっています。
胃痛という症状は、ストレスを感じたときに発生しやすくなっています。
しかし胃が痛いとひと言で言っても、そこには大きな病気が隠されている可能性もあるので、しっかりと対処をすることが必要になります。
胃痛を感じるという経験をしたことがある人がたくさんいますが、このときに最初に考えられるのがストレスとなります。
しかしその他にもたくさんの原因が考えられています。
ここで考えられる原因の代表的なものとしてストレスがあります。
ストレスを受けることで自律神経の働きが乱れ、胃酸の分泌が過剰になることが考えられています。
胃の粘膜を傷つけて、急性胃炎や胃潰瘍というようなさまざまな病気の原因となっています。
このほかには空腹や便秘や急性胃腸炎などでも胃が痛いと感じることがあります。
みぞおち付近に波があるような痛みが発生することがあります。

スポンサーリンク

波があるような痛みと吐き気を伴う場合には、食あたりや胃腸の病気の可能性があります。
生活習慣が乱れてしまうと、胃酸がたくさん分泌されるようになっています。
このほかにエアコンをたくさん使うことで、自律神経の働きが乱れてしまうことがあります。
これらのことが重なって、波がある痛みが発生することがあります。
胃が痛いという症状に加えて、吐き気を伴う場合は胃腸の蠕動運動と関係があります。
食べたものを体の奥に送り込むという働きを蠕動運動といいますが、この働きが反対に発生したときに吐き気を伴うと考えられています。
このときに考えられる原因としては、逆流性食道炎があります。
これは胃酸の分泌が過剰に行われることで、胃酸が食道に逆流してしまい、痛みや吐き気が発生するようになっています。
この他に考えられるのは、急性胃炎や十二指腸潰瘍などがあります。
これらの症状に加えて頭痛が発生している場合には、自律神経失調症の可能性があります。

スポンサーリンク