胃痛 腹痛 同時 原因

胃痛と腹痛が同時に来る原因とは

スポンサーリンク

胃痛だけでもつらいのに、腹痛まで同時に襲ってきたとなれば、その原因を考えざるを得ません。
放置しておくと危険だからです。
まず考えられるものは食中毒です。
これは腐ったものを食べた場合、ノロウイルスに代表される大腸菌が体内に侵入したときに起きます。
そのため、食べ物が傷みやすい梅雨の時期や、生牡蠣などが美味しいシーズンに発生しやすいものだと言えます。
この場合は、胃痛と腹痛が同時に起きた原因は、火を見るよりも明らかです。
市販薬で治そうとするとかえって症状が悪化する恐れがあるため、即座に病院へ行くようにしましょう。
何らかの都合で病院へ行けないのであれば、脱水症状を起こさないように、水分をこまめに取ることが大切です。
予防する方法としては、食品類の管理をきちんとするようにすることと、食中毒の危険を指摘されているものを、なるべく口にしないこととなります。
たぶん大丈夫だろうという判断が災いを招くことを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

胃痛と腹痛を同時に起こす原因としては、他に急性胃腸炎が考えられます。
これはその名称にあるように、急に胃が痛むようになり、発熱や嘔吐といった症状をもたらすこともあります。
これは食中毒とまぎらわしく、悪性の風邪のようにも見えるため、素人に判断がつくものではありません。
これらの症状に見舞われたら、直ちに専門病院へ行くようにしましょう。
ストレスが原因で胃痛と腹痛が同時に襲ってくることがあります。
これは病気ではないため、病院へ行っても異常が発見されることがなく、それが新たなストレスの引き金となることがあります。
また、日頃からアルコール類や香辛料、タバコといった刺激物を大量に摂取していると、胃腸がそれで痛めつけられており、それらが原因で胃痛と腹痛に見舞われることもあります。
いずれの場合にしても、日頃から健康に気を遣った生活をすることが大切です。
規則正しい生活をして、疲労やストレスを後日に持ち越さないようにしましょう。

スポンサーリンク