胃痛 吐き気 薬効かない 原因

胃痛で吐き気がするのに薬効かない原因

スポンサーリンク

食事をしたときなどに胃痛を感じることがあります。
食べ過ぎが原因となっていたり、胃が疲れているというようなことが考えられます。
このような症状が現れたときには、薬を服用するという人が多くなっています。
家庭にある常備薬を服用するという人が多くなっていますが、薬効かないということもあります。
薬効かない場合には、原因が何であるかが気になります。
病院を受診するという人もいます。
誰でも胃痛や吐き気を経験すると言うことがありますが、胃痛や吐き気の症状に関しては、薬を飲めば治まることが多くなっています。
しかし場合によっては薬効かないということもあります。
このときに考えられる原因の一つとしては、アレルギーがあります。
その代表的なものが果物です。
果物の柿を食べたときには、激しい胃の痛みや吐き気に襲われることがあります。
このような症状が現れたときに薬を服用しても、ほとんど効果がありません。
したがって我慢をすることになります。

スポンサーリンク

このほかの食品を食べても同じような症状が現れることもあります。
これには個人差があります。
このようなアレルギー反応が現れた場合には、時間の経過と共に痛みが治まるようになっています。
したがって症状が治まると安心していつもの生活をするということが多くなっています。
この他に考えられる原因としてはストレスがあります。
胃は非常にストレスの影響を受けやすくなっています。
症状が軽い場合には薬で対応をすることができますが、神経質な人は薬を服用しても症状がなかなか治まりません。
胃が痛いと言うことをずっと考えてしまう場合には、胃に異常がなくても不快感が続くと言うことがあります。
このほかにはピロリ菌に感染していると言うことが考えられます。
胃潰瘍などを引き起こしている場合には、除菌を行うことができる薬でなければ効果が現れません。
最近では病院でこれらの菌の有無を簡単に確認できる方法があります。
保険が適用されるようになっているので、医療機関を受診するようにします。

スポンサーリンク