胃 アレア不整 症状

胃のアレア不整とその症状

スポンサーリンク

胃部X線検査を受けて、アレア不整が見つかった場合には、胃カメラで詳しく検査をする必要があります。
アレア不整とは、キレイに並んだ胃の表面の粘膜が、何らかの原因によって不整になっている状態のことをいいます。
そもそも胃の粘膜には一定の模様が存在しており、この模様を「アレア」といいます。
アレア不整も症状が起こる原因については、炎症が起きていたりガンが原因の場合がありますので、精密検査の必要があります。
アレア不整の症状については、バリウムを飲むと胃の組織にバリウムが付着して、正常時にはキレイな編み目模様が写しだされるのですが、炎症やただれなどが組織にあると、大小不同など編み目が不揃いの症状が目立つようになります。
アレアの編み目が不揃いであればあるほど、早急に精密検査の必要があります。
健康診断では、通常バリウム検査が行なわれますので、健康診断でアレア不整が見つかる場合が多いのが現状であり、怖い病気が潜んでいる場合もあります。

スポンサーリンク

アレア不整は稀なものではなく、バリウム検査によって見つかることはよくあります。
中には、その原因が食事の影響である場合もありますが、前述しましたように、怖い病気が潜んでいる可能性もありますので、内視鏡などの精密検査が必要となります。
そもそも健康診断などで行われるバリウム検査とは、検査前に飲んだバリウムが上部消化管の内部をスムーズに流れるかどうかをX線で診る検査です。
X線撮影をすることによって、胃や食道、十二指腸などの上部消化管の一部がテレビモニターに写し出され、臓器の形や炎症、潰瘍などの有無を確認することができます。
アレア不整が認められた場合には、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)に進むようになるのですが、この検査は口や鼻から内視鏡を挿入して、咽頭から十二指腸までを観察する検査となります。
口と鼻のどちらから挿入するのかについては、通常患者さんが選択することができるのですが、鼻腔の変形などの理由によって選択できない方も存在しています。

スポンサーリンク