胃痛 仕事 休む コツ

胃痛で仕事を休むコツは辛さの提示にあります

スポンサーリンク

胃は、毎日の食事などの場面でも、消化の働きを行う重要なパーツでもあります。
使用頻度が高いだけに、不具合が生じると、生活に支障をきたす事もあります。
日頃胃痛などが発生し易い人にとっては、時折痛みが酷くなる事もあります。
今日は仕事も休みたいと思う場合には、休むコツを掴んで実践する事がポイントです。
胃痛は、多少であれば誰にも発生し易いという特徴もあります。
意外性という面においては、インパクトに欠ける内容ともいえます。
ですので、どうしても会社で仕事ができない状況を想定する、というのも休む時のコツの一つになります。
例えば、吐き気が酷くて、夜から吐いてばかりで、睡眠がとれなくて、倒れた状態になっていますなど、具体的な状況説明をする事です。
単に胃痛だけでは、誰もが経験する内容なのか、あるいは歩くのも難しい状況なのか、職場の人には想像がつき難い事になります。
具体的に、辛い内容を述べて、辛さの大きな度合いを示す事が、仕事を休む時のコツといえます。

スポンサーリンク

職場で、胃痛が発生するなどの場面もあります。
途中で仕事を休む場合には、苦しい様子を周囲の人に示す必要があります。
午前中であれば、ランチタイムが控えていますので、食事も受け付けない、という状態で、ランチタイム丁度に申し出るのもコツです。
ランチタイムが近くなると、多くの人がお昼ご飯に備えた仕事環境を整えます。
ランチタイム丁度位であれば、『えっ、お昼食べないの?』という驚きにも繋がります。
お昼まで我慢をした、という事実もあるため、胃痛で午後の仕事を休む大きな口実ができます。
胃痛は、人によっては、頻繁に発生する症状でもあります。
また、程度の差はあっても、誰もが経験する様な内容でもあります。
それ故に、何度も仕事を休む様な場合には、心配される事もあれば、職場での信頼を落とす可能性もあります。
できるだけ早めに病院を受診して、痛みの原因を知り、適切な治療を行う必要もあります。
早めの対処が、職場でも、健康面においても、健全を保つ事に繋がります。
特に通常は真面目にお仕事されている方は傾向として、具合が悪いときにもお休みを取らずに普段通りにお仕事をこなそうとされますが、無理がたたってしまい、後になってうつ病などの精神的な疾患に罹ってしまうこともあります。
どうしてもお休みがしたいという日には自分の心の声にも耳を傾け、上手に理由を作って休ませてもらうようにすることも場合によっては大事なことかもしれません。
そうやってまた、元気になったら、きちんとお仕事をして仕事仲間に負担を掛けないように気を付けていきましょう。

スポンサーリンク