食後 胃痛 ガス 原因

食後の胃痛やガスがたまる原因

スポンサーリンク

食後にキリキリと胃痛がしたり、ガスがたまってお腹が張る原因は、複数の原因が考えられます。
そのうちのひとつとして、胃潰瘍が挙げられます。
胃潰瘍の症状として、食事中や食後にズキズキといったうずくような胃痛を感じる場合があります。
また、胃潰瘍の場合には、腹痛や胸焼け、吐き気、黒い便が出るなどの症状を伴います。
 胃潰瘍のように病気が原因でなくても、胃腸の働きが低下している場合には、十分に食べた物を消化できなくなってしまい、胃腸の中で食べ物が発酵し不要なガスを産生するようになります。
不要なガスが発生するとお腹が張るようになり、鈍い胃痛を感じるようになります。
運動不足やストレス、体調不良などによって、胃腸の働きは弱くなってしまいます。
 食生活も食後にガスが発生しやすくなったり、胃痛を生じさせる原因として挙げられます。
おならは、炭水化物やでんぷん、タンパク質のように、食物繊維が多い食べ物を消化することで出やすくなります。
ゆえに、サツマイモを食べるとおならがよく出るのはこのためです。

スポンサーリンク

 暑い夏場には、冷たいビールやスカッとする炭酸飲料を飲む機会も多いのですが、実はこれらの飲料の飲み過ぎも、お腹の中にガスをたまりやすくなり、胃痛を引き起こす原因となりますので、摂りすぎには注意しましょう。
また、早食いもおならや胃痛の原因となります。
 早食いの人は、無意識に食事と一緒に空気を飲みこんでいますので、おならだけではなくゲップも良く出るようになります。
そして、おならやゲップがすべて出きってしまわなければ、胃の中に食事と一緒に飲み込んだ空気が残ることになり、胃痛を引き起こすようになります。
 普段からおならがよく出たり、ガスがたまりやすい、胃がムカムカするなどの症状がある人は、先述しましたようなさまざまな原因が考えられますので、可能性の高いものから改善されることをおすすめします。
また、女性の場合には、人前でことさらおならを我慢してしまう傾向がありますし、女性ホルモンの影響で便秘がちになりやすいということも、ガスがたまってお腹が苦しくなったり胃の不調につながります。

スポンサーリンク