妊婦 胃痛 激痛 対処法

妊婦の胃痛、激痛の対処法

スポンサーリンク

妊娠中は様々なマイナートラブルが起こります。
代表的なのは悪阻中の吐き気や食欲不振、頭痛、倦怠感などですが、胃痛に悩まされる妊婦さんも多くいます。
妊娠中の胃痛の原因は諸説ありますが、ホルモンの変化により胃腸の働きを弱めてしまうために、こういった症状が起こりやすくなると言われています。
また、妊娠による体調や環境の変化によって受けるストレスから自律神経が乱れ、胃粘液分泌が減少したり胃酸過多になり、それが胃痛に繋がることもあるようです。
悪阻中の味覚の変化からくる食事の内容にも深い関係があります。
しかし、ただでさえ体調の優れない妊娠中に胃痛が起こると辛いものですよね。
中には、我慢できないほどの激痛を訴える妊婦さんもいるようです。
このような時にどうしたら良いのでしょうか。
妊婦さんは気軽に薬を飲む事も出来ませんし、わざわざ病院に行くのも大変な場合もあります。
ここでは、自分で出来る対処法について考えていきましょう。

スポンサーリンク

まず、食事の取り方に気をつけましょう。
よく噛んで食べる事、一度に沢山食べず食事の回数を分ける事、空腹状態を作らない事が望ましいです。
消化不良や胃酸過多が胃の激痛に繋がりますので、まずは胃に負担をかけない事を心がけましょう。
また、食事内容も消化の悪いものや刺激物を避け、胃に優しい物を中心にするのも手軽な対処法のひとつです。
ヨーグルトやお粥などは悪阻中でも比較的食べやすく、胃痛以外の症状にも効果があります。
また、実際に胃痛が起こってしまった場合ですが、お腹を温めながら右側を下にして横になりましょう。
消化しやすくなるので痛みが早く治まります。
ただし、横になっても治まらなかったり、我慢できないほどの激痛の場合は病院で診てもらう方が良いでしょう。
まずはかかりつけの産婦人科にまずは相談して指示を仰いで下さい。
内科にかかる場合も妊娠中である事を告げれば妊婦さんでも飲める薬を出して貰えます。
このようにいくつかの対処法を紹介しましたが、悪阻や妊娠特有の胃痛の他に別の病気の可能性もあります。
あまりに繰り返す場合や痛みが酷い場合はしっかりと医師に相談して下さいね。

スポンサーリンク