げっぷ 止まらない 病気

げっぷが止まらない病気との関連性

スポンサーリンク

頻繁にげっぷが出る、止まらないとお悩みの方が意外といます。
周りも不快ですし、止めたいのにどうしても出てしまう、あまりに頻繁なので病気じゃないかと心配する人もいます。
普通の人はあまり出しませんね。
特に女性は人前でげっぷが出ないように気を付けて、出そうになっても我慢しているようです。
ちなみに我慢した場合はおならになって出ていきます。
病気以外にも空気を一緒に飲み込むような食べ方や、ガムをよく噛むなど食生活が原因の場合もあります。
頻繁に出る場合、疑われる病気は逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がん、ストレスからくる精神的なもの、呑気症などです。
特にある期間から突然よく出るようになったなら病気の可能性があります。
病院に行って相談した方が良いかもしれません。
胃腸系の不調からくる場合、胃酸の逆流や胸焼け、胸の痛み、つかえ感がある、胃もたれや空腹痛、食欲不振など胃に関する症状がみられます。

スポンサーリンク

精神的な要因で起きるのが呑気症です。
会議の発表など緊張する状況や、ストレスのかかる場面で空気を大量に飲み込んでしまう症状で、多くの人は無意識に行っているので自覚がありません。
呑気症の人は上から出る場合とおならになって下から出る人がいます。
ストレスを感じる人前で起こりやすい症状で悩む人も多いです。
人前で抑えようとする気持ちがさらにストレスになり、また空気を吸いこむ悪循環から不安症などに陥るおこともあるほどです。
そんな場合は焦らずに治療する必要があります。
ストレスが多い人や細かいことを気にする人、早食いの人やかみ合わせが良くない人に起こりやすく、原因が特定しにくいので焦らずに対処しましょう。
げっぷの回数が増えると胃液が逆流して胸焼けしたり、逆流性食道炎になることもあります。
食道や胃の周りの筋肉が弛みやすくなって、食道が通る横隔膜にも影響し、横隔膜がめくれる食道裂孔ヘルニアを引き起こします。
まずは内科や消化器科の受診がオススメです。

スポンサーリンク