つわり 胃痛 緩和 方法

つわりの原因と胃痛や吐き気を緩和する方法とは

スポンサーリンク

つわりとは、妊娠初期に現れる胃痛・胸やけ・吐き気・胃のむかつき等の不快な消化器系の症状の事です。
早い人では、妊娠5週目頃からこのような症状が現れます。
つわりの原因は、はっきりとは分かっていませんが、妊娠によってホルモンのバランスや基礎代謝が変化する事や受精卵を異物として認識してしまう事による体の反応であるとも考えられています。
初期症状としては、あらゆる匂いに敏感になり、食べ物の嗜好が変わったり、これまでのようにたくさん食べられなくなります。
人によっては、常に胃の中に食べ物を入れていないと胃痛や吐き気を感じる事もあります。
食べても、一日に何度もおう吐してしまい、食べ物がほとんど取れない場合は、注意が必要です。
脱水状態になり体重が減ってしまって、母体だけでなく胎児にも影響が出始めます。
脱水状態や食べ物を取れない飢餓状態が続くと、母子ともに命の危険にさらされる事になるので、おう吐が続く場合は、早めに医療機関を受診し適切な治療を開始する事が大切です。

スポンサーリンク

つわりによる胃痛や吐き気を緩和する為に自宅でできる簡単な方法を三つ紹介していきます。
一つ目は、一度にたくさん食べずに何回かに分けて少しずつ食べるという方法です。
一度にたくさん食べると、結局、胃痛や吐き気を誘発してしまうので、食べられる時に消化の良いものを少しずつ食べて栄養を補給する事が大切です。
二つ目は、香辛料や刺激の強い食べ物は避けて、食物繊維が豊富な野菜や果物など胃に優しいものを、よく噛んで食べるという方法です。
たくさん噛む事によって、唾液が多く分泌されて消化を助けてくれるので、胃痛や吐き気の緩和に繋がります。
三つ目は、お腹を温めて楽な姿勢を取ってリラックスする方法です。
温かいお風呂に浸かり、体を伸ばしリラックスすると胃痛が緩和される事が多いです。
飲み物を飲む場合は、冷たい飲み物よりも温かい飲み物をゆっくり飲むようにすると胃に負担をかけることが少ないのでおすすめです。
いつ終わるのかと不安になる程の辛い症状が毎日続くつわりですが、妊娠中期に入るとすっかり治まってしまう事が多いので、根気強く対処していく事が大切です。

スポンサーリンク