夜中 胃痛 みぞおち 対処法

夜中に起きる胃痛とみぞおちの痛みの対処法について

スポンサーリンク

夜中に胃痛になったり、みぞおちがチクチク痛んで吐き気やゲップがでるという症状があります。
この様な症状に考えられるいくつかの可能性と対処法を考えてみましょう。
逆流性食道炎という病気があります。
胃酸が過剰に分泌される症状です。
過剰に分泌された胃酸は食道に向かって逆流するので、その結果みぞおちがちくちく痛んだり、胃痛や吐き気、ゲップがよくでたりします。
個人差は多少ありますが、日中より夜中に症状がでるという特徴があります。
日中よりも夜中に症状がでやすいのは、昼間にステロイドホルモンというものが分泌されているためです。
このステロイドホルモンは体の炎症を止めたり抑えたりする効果があります。
ステロイドホルモンは夜間はお休みしている状態なので夜中に症状がでやすいと言われています。
逆流性食道炎の原因は暴飲暴食や肥満と言われているのですが、精神的なストレスや不規則な生活習慣で病気になる事もあります。
現代の医学では完治は難しいのですが、対処法はあるので過度に心配する必要はありません。
基本的な治療方法は胃酸を抑える薬を飲む事と生活習慣の改善です。
これでほぼ普通に生活ができますので、体の調子が悪い時は内科や消化器科系の専門機関に行きましょう。

スポンサーリンク

逆流性食道炎という例を挙げましたが、他にもいくつか考えられる原因はあります。
暴飲暴食や飲酒、喫煙、深夜の食事や刺激物などを食べるといった事で一時的に逆流性食道炎に似た胃痛が起きる事もあります。
一時的な胃痛であれば数日程度で治ります。
また女性の方ですと生理などが影響して、ホルモンバランスが乱れる事でみぞおちがチクチク痛む様な胃痛になる事もあります。
短期間で治まる方もいれば、ストレスの影響で長く胃痛を感じる方もいます。
生理によるストレスや男性でも何かしらのストレスで起きる胃痛は内科や消化器科系の病院に行っても異常無しと診断される事が多いのですが、この様な場合は心療内科や神経科に行く事も視野に入れるといいかと思います。
ストレスが実際に逆流性食道炎の様な病気を作る事がありますので、ストレスでの痛みのうちに手を打つ事はとても大切な判断です。
またストレスによる痛みや苦しみは人によっては耐え難いものです。
そういった時は相談だけでもいいので心療内科や神経科に行ってみましょう。
苦しみを和らげるお薬もありますので、お薬の力を借りる事も重要な治療です。
対処法はたくさんありますので体に不調を感じた時は病院に行きましょう。
また、胃の検査をする習慣が無い方は定期的に検査をするといいかもしれません。
早期発見であればほとんどの病気は治るのです。

スポンサーリンク