みぞおち 痛み ゲップ 原因

みぞおちの痛みとゲップの原因について

スポンサーリンク

みぞおちに痛みを感じたり、ゲップが普段よりもでるなと感じる時に疑うべきは胃が原因であるという可能性です。
胃の問題にも様々なものがあります。
ゲップがよく出たり、みぞおちに痛みを感じるという症状に焦点をあてながら対策も含めて考えてみましょう。
逆流性食道炎という病気があります。
この症状は胃酸が過剰に分泌されてしまう症状です。
分泌された胃酸が胃から食道に向かって逆流していく事でみぞおちに痛みを感じたり、ゲップや吐き気、胸焼けといった症状がでます。
個人差はありますが日中よりも夜中に症状がでやすいのも特徴の1つです。
夜中に目が覚める様な胃の痛みや気持ち悪さに襲われたら逆流性食道炎の可能性を疑う事も必要かもしれません。
この病気の主な原因は、暴飲暴食や肥満と言われているのですが、精神的なストレスや不規則な生活習慣といったものが原因となって逆流性食道炎になる事もあります。
現代の医学では完治させるというのは難しいのですが、症状を抑える事はできますので心配は無用です。
稀に症状が酷い方ですと手術する場合もあるのですが、基本的には胃酸を抑える薬や、生活習慣の改善をしながら治療していきます。
これによりほぼ普段通りの生活を送る事ができます。

スポンサーリンク

逆流性食道炎を例として挙げてみましたが、胃に刺激を与えると一時的に逆流性食道炎の様な症状がでる胃痛になる事もあります。
暴飲暴食や、飲酒、喫煙、深夜の食事など胃に負荷をかけると胃酸の分泌が普段より多くなり吐き気やゲップ、痛みというものがでます。
また、胃は精神状態がとても反映される器官なのでストレスなどが引き金となり胃痛を引き起こす事があります。
多くの方に経験があると思うのですが、緊張すると食欲がでなかったり、胃がキリキリ痛む様な症状です。
胃酸の分泌量が普段と変わるのでみぞおちに痛みを感じたり、気持ちが悪い感覚になる事もあります。
ストレスなどが引き起こす胃痛は、内科や消化器科系などに行っても異常が見られない事もありますのでその様な時は心療内科や神経科に相談だけでもいいので行ってみましょう。
ストレスが原因となって逆流性食道炎の様な病気を生むという事もあります。
また、体に症状が見られないストレスによる痛みの内に手を打つという事も大切です。
長い期間体に不調を感じる時は専門機関に相談しましょう。
そして健康な方も予防の意味でも定期的に胃の検査をすると良いかと思います。

スポンサーリンク