胃痛 みぞおち 鈍痛 対処法

みぞおちに胃痛や鈍痛がある時の対処法

スポンサーリンク

何かを食べるとき、食べた後、空腹時など決まったときになるとみぞおちに鈍痛を感じたり胃痛がする場合、何らかの病気である可能性が高いです。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの病気が考えられ、その症状として分かりやすいのが、みぞおちあたりの鈍痛や胃痛です。
ジリジリ、ズキズキといった痛みを伴い、それと同時に、何かを食べた後に胸やけを感じることが多くあります。
また、お腹が張る、ゲップが出る、吐き気やおう吐、食欲がなくなるなどの症状も見られます。
症状が悪化すると、胃がんなどの大きな病気になってしまう可能性もあります。
吐血をしたり、血が混じった便が出るようになったりする場合は胃がんの可能性もあります。
胃がんの場合も、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの病気の症状と同様に、みぞおちあたりに鈍痛や胃痛を感じることがあります。
普段健康な人でもこういった病気になる可能性はあるので、ちょっとした体の違和感や不快感に気付き、対処法を探すことが大切です。

スポンサーリンク

みぞおちあたりに鈍痛や胃痛を感じる場合、症状を抑えるため、病気にならないためにすると良い対処法がいくつかあります。
まず、みぞおちあたりの鈍痛や胃痛の他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎や胃がんなどの症状が見られる場合、すぐに病院へ行くようにしましょう。
病気は早期発見が大切で、特に胃がんであった場合は早めの治療がとても重要になってきます。
日頃から自分の体調をきちんとチェックするように心掛けることも症状を悪化させない、病気にならないための対処法の1つです。
また、生活習慣の乱れは胃にとっても悪影響で、特に食生活の見直しはとても重要です。
暴飲暴食や過度な飲酒、喫煙は胃を荒らす原因にもなり、様々な病気につながってしまうので避けるようにしましょう。
そして1日3食栄養バランスのとれた食事をしっかりととり、さらに消化の良いものを食べるよう心掛けるようにするとより良いでしょう。
生活習慣を正すことは胃痛を改善するだけではなく、様々な病気を防ぐことにもつながります。

スポンサーリンク