夜中 胃痛 対処法

夜中だけ胃痛が起こる場合の対処法

スポンサーリンク

昼間に仕事をしていたりするときには全く起きないのに夜中になると胃痛が起こるということに悩まされている人は意外に多いものです。
夜中に痛むということには原因があります。
その原因をしっかりとつかんで適切な対処法を身につけることで随分と楽に過ごすことが出来るようになります。
まずは原因についてですが、夜中に痛くなってしまう原因で多いのが逆流性食道炎です。
胃酸が多くなりすぎて食道を通って逆流してしまうことをいいます。
昼間は動いているのでそれほど気にせず過ごすことができます。
しかし、夜になると胃酸が多い状態のままだと胃痛を引き起こす原因にもなってしまうのです。
逆流性食道炎になる最大の原因は乱れた食生活やストレスなどです。
出来るだけストレスを溜めないようにして、バランスの良い食事を摂るように心がけるということも大切です。
逆流性食道炎を見分けるための方法としてはげっぷがあります。
何もしていないのにげっぷが多く出る場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

夜中に胃痛になってしまうと本当に辛く眠りにつくこともできなくなってしまいます。
そういうときには、つきなみですが胃腸薬を飲んで様子をみるということも大切です。
とりあえず痛いままにしておくことが一番良くないことだといえます。
とりあえず痛みに対して手を打つということが適切な対処法だということになります。
そしてストレスが関係していることもあるので、リラックスすることも大切です。
そういうことでだんだんと症状が軽くなるようであれば逆流性食道炎の可能性が高いということになります。
しかし、それでも症状が軽減されないという場合には他に原因がある場合が考えられます。
そういう場合には出来るだけ早めに病院を受診することが大切です。
夜中の胃痛が数日経っても治らない場合にはなるべく早く病院を受診することです。
適切な検査や対処を実施してもらうことができるはずです。
とにかく胃は生活習慣やストレスが直接影響する臓器でもあります。
胃痛にならないための対処法をしっかりと行うことが大切です。

スポンサーリンク