食後 胃痛 げっぷ おなら 対処法

食後に起きる胃痛やげっぷ、おならの対処法

スポンサーリンク

食後に胃痛がしたりお腹が張ってガスがたまった様な状態になる事があります。
この様な症状が起きる原因について対処法と共に考えてみましょう。
過敏性腸症候群という病気があります。
下痢や便秘、胃痛など様々な症状がでる病気です。
基本的には緊張や不安などから一時的に下痢や胃の不快感を感じる場合が多いのですが、慢性的にストレスを感じたり、不規則な生活習慣や偏った食生活、運動不足などが原因で胃腸の働きが弱くなる事があります。
胃腸の働きが弱くなると食べたものがしっかり消化されない影響で食べ物が腸内で発酵しておならやげっぷをひきおこす原因となります。
食後に胃痛になるのは胃腸の働きが弱いせいです。
お腹が張っておならがよくでる場合は胃腸の働きが弱くなっているからかもしれません。
また過敏性腸症候群はお腹が緩くなる場合が多いのでその影響でおならがでやすくなる事もあります。
過敏性腸症候群の対処法に関しましては完治は難しいのですが症状を改善する事はできます。
一時的な症状ですと内科や消化器科系の病院で整腸剤などを出してもらえば治まりますが、症状が長い場合は診療内科に行くといいかと思います。
精神的なものが原因で起きるのが過敏性腸症候群ですので、内科では異常がみられない場合もあります。
なので相談だけでもいいので困ったら診療内科に行ってみましょう。
症状を緩和させるお薬を飲む事も重要な治療です。

スポンサーリンク

逆流性食道炎という病気があります。
胃酸が過剰に分泌される事で食道に向かって胃酸が逆流してくる病気です。
簡単なメカニズムですが胃は消化を促すために一定の量の空気を溜めています。
胃酸の量が普段より多いと胃酸と胃の空気がげっぷとなって体の外に出ようとします。
それが逆流性食道炎です。
胃酸が逆流する過程でみぞおちの辺りが痛んだり、吐き気や胃痛、げっぷがでるという症状がでます。
胃酸過多の状態ですと食後に胃が痛む場合があります。
逆流性食道炎は日中よりも夜中に症状がでやすい傾向があります。
日中はステロイドホルモンとうものが分泌される事で炎症や痛みが緩和されていると言われています。
夜間はステロイドホルモンが出ないので夜中に症状がでやすいのです。
対処法は内科や消化器科系の病院で胃酸を抑える薬を処方して貰う事と生活習慣の改善でほぼ普段通りの生活が送れます。
現代の医学では完治は難しいのですが、薬さえ飲んでいれば問題はありません。
食後に胃痛を感じる事が長かったら自己判断せずに病院に行きましょう。
また胃の検査をする習慣が無い方は自身の年齢に合わせて検査をするといいかと思います。
何事も早期発見が肝心です。
自身をリスクから守っていきましょう。

スポンサーリンク