胃痛 食後 2時間 対処方法

食後2時間後の胃痛の対処方法

スポンサーリンク

食後の胃痛は、様々な原因が考えられるようです。
食後の痛みの原因として消化不良や胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍や機能性胃腸症などがあります。
特に食後2時間ほど経過してから胃痛を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合は十二指腸潰瘍の可能性が高いようです。
その原因となるのが、逆流性食道炎です。
これは、胃から食道に胃酸が逆流する病気で、強い酸性の胃酸なので、胃痛や膨満感や胸焼けでげっぷが出ることも珍しくありません。
この逆流が継続すると、食道の粘膜に潰瘍やただれが出来てしまいます。
一方、胃潰瘍の場合は、食後30分くらいから遅くても2時間以内に胃痛を感じることが多いようです。
食後2時間以内か2時間以上かで、大体の病気が予想出来そうです。
自分の場合は、どうなのかを冷静に判断してみると良さそうです。
また、早めに消化器内科や胃腸科を受診してみると良さそうです。
対処方法はありますので、放置しないことが大切かもしれません。

スポンサーリンク

また、逆流性食道炎だった場合の対処方法ですが、薬で胃酸をコントロールしたり、胃の働きを促進する薬や胃の粘膜を保護擦る薬などを処方されるようです。
ただ薬の服用だけでなく、対処方法として生活習慣を改善する必要がありそうです。
脂っこい食事や香辛料の効いたものは、胃痛やげっぷの原因となるようです。
また、タバコや飲酒などもあまりよくないようです。
そして、もうひとつ胃痛やげっぷの原因となるものに、空気嚥下症もあります。
ストレスによって無意識に空気を飲み込むことで、胃痛や膨満感やげっぷが出ます。
この対処法としては、ストレス解消と、早食いによって空気を飲み込んでいることなどもあるので、ゆっくりかんで食べる習慣をつけることが挙げられそうです。
思い当たる方がいらっしゃったら、生活習慣の改善に早めにとりかかると良さそうです。
ネットでも様々な対処方法がありますので、ご覧になってみるのも良さそうてやす。
また、機能性胃腸症のように胃の粘膜には異常がないのに不快な症状がでている場合は、早めに専門医に相談してみると良さそうです。

スポンサーリンク