胃 痛い げっぷ 原因 対処方法

げっぷが出る、胃が痛い原因と対処方法

スポンサーリンク

胃が痛いという症状には様々な種類のものがあります。
今回はげっぷがでる胃痛の原因と対策について考えてみましょう。
まず簡単にげっぷがでるメカニズムについて見ていきましょう。
胃の中には一定の量の空気が溜まっています。
この空気が胃液と混じりあう事で消化をスムーズに行うのです。
つまり消化のために空気があります。
げっぷはこの空気が逆流すると事で起きるのです。
げっぷは普段特に体に不調が無くても出る時は出るのですが、頻繁にでる訳でも無ければ痛みなど特に変わった事が無ければ特に問題はありません。
しかし痛みを伴うと話は違ってきます。
逆流性食道炎という病気があります。
胃酸が過剰に分泌され、食堂に向かって逆流してくる病気です。
この逆流がげっぷが出たり、みぞおちが痛いという原因です。
逆流性食道炎は暴飲暴食や肥満といったものが主な原因とされていますが、ストレスや不規則な生活習慣、加齢といった事でも起きる事があります。
現代の医学では完治は難しいとされているのですが、症状を抑える事は可能なので心配は無用です。
薬と生活習慣の改善で基本的には治まります。
調子が悪い時は内科や消化器科系の病院に行きましょう。

スポンサーリンク

逆流性食道炎という症状を挙げましたが、ストレスや暴飲暴食、飲酒、喫煙、深夜の食事などがきっかけで逆流性食道炎に似た様な症状が一時的に出る事もあります。
数日程度で治まる場合は一時的な不調です。
また女性の方ですと生理がきっかけでホルモンバランスを崩して胃痛になったり、げっぷ、吐き気や胸やけ、みぞおちが痛いなどという症状が起きる事もあります。
一時的な場合がほとんどですが、人によってはホルモンバランスの崩れによる不調がストレスとなり症状が長引く事もあります。
男性であってもストレスがあれば同じ事です。
ストレスが原因の場合ですと内科や消化器科系の病院で検査をしても異常が見られない事があります。
その様な場合は心療内科や神経科に行く事に行く事も考えてみるといいと思います。
ストレスによる痛みや苦しみは人によっては耐え難いものです。
その様な症状を緩和させるお薬もありますので、症状が酷ければお薬の力を借りる事も重要な治療です。
困ったときは相談だけでもいいので、対処方法として診療内科などに行ってみましょう。
胃の検査をする習慣が無い方はご自分の年齢に合わせて定期的検査をする対処方法をとると、リスクから身を守る事ができます。
病気は早期発見であればあるほどリスクを大幅に減らす事ができます。
検査で問題が無ければそれに越した事は無いのでできるだけ検査は受けましょう。

スポンサーリンク