しゃっくり げっぷ 病気

げっぷやしゃっくりを伴う病気

スポンサーリンク

コントロールできないげっぷやしゃっくり、困りますよね。
困りながらもあまり深刻にならないことが多いせいか、その原因や対処について考えることはあまりないようです。
でも頻繁にげっぷやしゃっくりが出るようであれば何らかの病気を疑ったほうがいいかもしれません。
一般的にげっぷの原因としては、食事の際に食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまい胃や腸に溜まった空気が口から出るものです。
これがお尻から出るとおならになります。
じゃっくりについては一般的に横隔膜、胸とお腹の間にある筋肉で呼吸をする際に使われる大切な筋肉です、が何らかの原因で痙攣を起こしてしまい、呼吸のコントロールができなくなる現象です。
普通であれば息を止めたりすることで発生を抑えていればそのうち自然に治ります。
しかしながら、あまりにも頻繁にげっぷやしゃっくりが出る場合は内臓系の病気を疑ったほうがいいかもしれません。
次に主に考えられる病気について簡単ではありますが説明します。

スポンサーリンク

げっぷの原因となる主な病気としては、まず胃潰瘍が挙げられます。
胃酸が過多に出るため吐き気やみぞおちの痛みを伴う場合が多いようです。
吐く息にいやな臭いがある場合も消化器系の病気が疑われます。
次に食道炎。
これは胃酸が食道に逆流して炎症が起きるものです。
胃潰瘍と同じくみぞおちの痛みを伴う場合が多いようです。
怖いのは胃癌です。
胃癌により胃と腸の通り道が狭くなってしまうと胃内部の圧力が高くなり症状が出てきます。
これらの異常を感じるようであれば早めに病院で検査を受けることをお勧めします。
もう一方のしゃっくりについては、中枢神経や末梢神経が刺激されることで起きるものがあります。
神経を刺激される原因としては脳腫瘍や脳卒中、肺炎や気管支喘息などが挙げられます。
特に長時間続いてしかも感覚の短いしゃっくりは脳の異常が疑われますので、躊躇わず病院に行きましょう。
常日頃から自分の身体には注意を払い、健康的な生活を心がけてください。

スポンサーリンク