げっぷ 出ない 気持ち悪い

げっぷが出そうで出ない気持ち悪い時の対処法についてご紹介します

スポンサーリンク

げっぷが出そうで出ないというのは、とても気持ち悪いものです。
一時的なものであればよいのですが、続くようであれば、
胃腸が弱っている、もしくは呑気症のサインです。
げっぷはそもそも、胃の内圧によって、体内に溜まったガスが
食道や口腔を通って排出される現象をいいます。
このガスは場合によっては、オナラとしてお尻から排出される場合もあります。
しかし、胃腸の運動機能が衰えると、体内にガスが溜まりやすくなります。
また、呑気症の場合は、日常生活で空気を飲み込んでしまっていることにより
引き起こされます。
通常、呼吸で空気を吸い込むと肺へ行きますが、
空気を飲み込むとガスが胃腸へ溜まってしまうのです。
このように、ガスが溜まっている状態が続くと、
胃膨らんだり、お腹が張ったり、
喉にガスがあるような詰まった感じするなど、
なんとも言えない不快感を引き起こします。
ゲップとしてガスを排出できれば、楽になるのですが、

自然とゲップが出ない場合、出そうで出ない状態が続き、
とても気持ち悪いものです。

スポンサーリンク

げっぷを出すコツは、お腹を引っ込めるように力を入れながら、
嘔吐をするような感じで喉を開いたり、ゆっくり息を吸い込んで、
喉を吐き出すように開くなどありますが、
なかなかうまく出すのは難しいものです。
やはり最終的には、口を開けて自然にガスが上がって来るのを
待ちながら吐き出すのが一番です。
どうしても出ない場合は、オナラとして出すのも一つです。
このような症状を引き起こす一番の原因はストレスです。
対処法としては、胃腸が弱っているので、消化の良いものを食べるようにしたり、
でんぷん質の食材や炭酸飲料など、ガスが発生しやすい食べ物や飲み物を控える、
良く噛んでゆっくり食べるなど、食生活の工夫が必要になります。
また、腸内環境を整えてガスの発生を抑えるような薬や、
胃腸の消化を良くするサプリメントなどを活用するのも一つです。
そして、なるべく日々の生活でストレスを溜めないように、
自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、実践することが大切です。

スポンサーリンク