げっぷ 出ない 吐き気

吐き気を催す、出ないげっぷを出す方法

スポンサーリンク

食事の後にげっぷをするのはマナー違反ですが、我慢するのも辛いものです。
それに食事の後のげっぷはいわば生理現象なのですから、我慢は体に良くありません。
我慢せずに吐き出してしまったほうが気持ちいいものです。
けれどときには、出したいけれど出ないという場合もあります。
意図的に出さないわけではなく、なぜか出てこない。
そうなるとお腹が張って苦しくなったり、胸ヤケがしたりして、吐き気を催すことがあります。
そのせいで仕事や勉強が手につかないなんて笑えません。
ここはどうにかして盛大に溜まった空気を吐き出して、スッキリしたいところ。
世の中には、げっぷがうまい人が居ます。
そういう人たちは自分の意思で、それも出したい時にわざとしているように見えます。
ということは、わざとやる方法があるのではないでしょうか。
ほかにも、赤ちゃんがミルクを飲んだあとは必ずげっぷをするよう仕向けます。
つまり、これらを参考にすれば、上手に溜まった空気を吐き出せるということです。

スポンサーリンク

まず、上手な人たちのやり方です。
彼らがわざとするとき、そばには必ずと言って良いほどコーラがあります。
単純な方法ですが、コーラなどの炭酸飲料はげっぷを誘引しやすいということです。
そもそもの原因は、食事や飲み物を飲んだときに一緒に飲んでしまった空気です。
炭酸飲料は二酸化炭素を含んだ飲み物ですから、飲めば胃の中に空気が大量に含まれることは想像に難くありません。
炭酸が苦手な場合は仕方がないので、他の飲み物を空気と一緒に飲み込む方法で同じ効果が得られます。
次に、赤ちゃんの場合です。
赤ちゃんにさせるときは、胃のあたりを背中からぽんぽんと叩きます。
溜まった空気を上にお仕上げていくことで、口から出させています。
この方法を参考にした場合は、自分で手の届く範囲で背中を叩いてみましょう。
肩たたきの道具を使っても良いかもしれません。
これらの方法を使えば、出そうで出ない不快感を解消できるでしょう。
まとめれば、コツは2つです。
あえて空気を飲む、そして背中を叩いて飲んだ空気を押し出す、です。

スポンサーリンク