赤ちゃん げっぷ 寝る

赤ちゃんにげっぷが必要な理由とげっぷをしないで寝る時の対処

スポンサーリンク

生まれたばかりの新生児、ほんとにかわいらしいですよね。
母乳やミルクを飲み、スヤスヤ寝ている寝顔を見るととても愛らしいものです。
しかし、母乳やミルクを飲んだ後させたほうがいいことがあります。
それが「げっぷ」です。
新生児は、母乳やミルクを飲むときに、一緒に空気を吸っています。
しかし、まだ胃腸などの内臓が未熟なため、胃の中に空気が溜まりやすくなっています。
その空気があると胃の中で母乳やミルクがしっかりと吸収されなくなってしまいます。
げっぷによって空気を出さないと、せっかく飲んでくれた母乳やミルクを吐き出してしまうことになります。
主に、産婦人科や産院でおしえられているげっぷの出し方は、子どもの頭をお母さんの肩の上に乗せ、背中を叩いてあげることです。
トントンと、リズムよく叩いたりさすったりするとでます。
後は、赤ちゃんを膝の上に座らせてから、腋の下に手を入れます。
体を少し前かがみにするようにして、背中をトントン叩きます。

スポンサーリンク

このようなやり方で、げっぷが出ることが理想ですが、いくら時間をかけてやっても、出ないこともたくさんあります。
赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んでいる間に吸うことに疲れて眠ってしまうことも多くあります。
飲んでいる最中に寝てしまいそのまま、寝かせると体を横にすることで、胃の中の空気が逆流してしまいます。
そのまま母乳やミルクを吐き戻すことになってしまうのです。
しかし、おならで対処する子も多いそうです。
吐き戻しをせず、空気をおならで出してくれればいいですが、おならでもでず、吐き戻しをしてしまいます。
しかし、吐き戻しをしても、母乳やミルクが気道をふさがないように赤ちゃんの顔を横に倒しましょう。
もし、吐いてしまってもそうしていれば安全です。
げっぷが出ないことで、悩むお母さんお父さんも多いですが、赤ちゃんは本当にあっという間にです。
赤ちゃんにとっての、寝るという行為はとても重要なものです。
あまり、深く悩まずおおらかな気持ちで対処しましょう。

スポンサーリンク