添い乳 新生児 ゲップ

新生児の添い乳とゲップについて

スポンサーリンク

子どもが生まれ、まず大変と感じることが夜の授乳です。
そんなときに少しでも母親に負担がなく、母乳を飲ませる方法が添い乳となります。
しかしこの方法を新生児に行うとゲップがうまく出るのか不安になってしまう人もいます。
そんなときにはこんな風に行いましょう。
まずは母親と新生児が向き合うようにして側臥位になりましょう。
この時に母親が腕枕をしてあげると高さなどの問題がクリアになります。
そして新生児を母親の乳房の前に持っていきましょう。
注意したい点としてはあまり動かさないということです。
ここでたくさん動かしてしまうと覚醒してしまい、その後あまり寝なくなってしまう可能性があるからです。
うまく良い位置になったら母乳を飲ませましょう。
飲ませる際にあまり密着しないようにするとスムーズに飲ませることができます。
そして終わったあとはゲップです。
体制は変えずにそのままトントンと叩きましょう。
うまく出ない場合は腕枕を高くするか、しばらく様子を見ましょう。
おならで出てくることもあります。

スポンサーリンク

この添い乳はとても便利なのですが、気を付けなければならないことがあります。
それは窒息です。
添い乳の途中で母親がうっかり眠ってしまい、そのまま新生児に覆いかぶさってしまい窒息してしまうという危険性があるのです。
これは小さければ小さいほど危険性も大きくなってしまいます。
なので、母親はしっかりと覚醒している上で行うことが絶対的な条件なのです。
また、ゲップはしっかりと出しましょう。
このゲップを出さずにいると腸にガスが溜まってしまい、新生児の眠りが浅くなってしまいます。
また苦しくなってしまったり、お腹の動きが悪くなってしまう可能性もでてきてしまいます。
そしてミルクが耳に入ってしまい、中耳炎になってしまうという報告もあります。
このような状態にならないようにしましょう。
このような注意点に気を付けていれば添い乳はコミュニケーションがしっかりとれ、母親だけではなく双方が幸せで満たされることができる、最高の授乳方法になるのです。

スポンサーリンク