胃痛 げっぷ おなら

胃痛とげっぷ、おならについて

スポンサーリンク

習慣的に続く胃痛や胃の不快感と共にげっぷなどの症状が現れてきたら、胃が炎症を起こしている可能性があります。
このような胃炎は、食生活やストレスによって起こることもありますが、最近ではピロリ菌感染も大きな原因として考えられているのです。
胃炎が原因のげっぷは、薬物療法などを受けて炎症が治まれば改善することが多いといえます。
このような病気が関わっている場合とは別に、最近では呑気症と呼ばれるストレス性の疾患が症状を引き起こす大きな要因となってきています。
この呑気症は、精神的な問題や普段の癖などによって、通常よりも空気を吸いすぎてしまうことで起こります。
この病気では大量に空気が取り込まれるため、体はげっぷやおならといった形で空気を出そうとするわけです。
その結果、呑気症を患って入る方は胃や腸の膨満感やガスが増えるといった症状を抱えることになります。
このような状態は、本人にとっては非常に苦しいため、現在様々な対処法が紹介されるようになっているのです。

スポンサーリンク

また、げっぷやおならは精神的な緊張とも大きく関わっているというのが最近の説です。
無意識に体に力が入ることによって、このような症状が出やすい体の状態を作り上げてしまうわけです。
従って、日頃から極力気持ちをリラックスさせて過ごすことが、不快な症状改善の一つの方法となります。
人前ですることに抵抗感を感じるげっぷやおならは、ともすると生活の中で我慢してしまうこともあります。
そうなると、腹部膨満感などをさらに重くしてしまうわけです。
ですので、特に呑気症の方などはトイレに行くなどの方法で出来るだけ我慢をするシーンを少なくすることが一つの解決法になります。
精神的なプレッシャーが症状を強めてしうまうこともあるため、自分の症状に余り神経質になりすぎることも逆効果なのです。
最近では、精神的な緊張を直すためにカウンセリングも行われるようになっています。
ガスを抑える市販薬も登場しており、その都度対処することが出来るのです。

スポンサーリンク