赤ちゃん げっぷ 出ない 寝る

赤ちゃんのげっぷが出ない場合の寝る体勢

スポンサーリンク

赤ちゃんはミルクが栄養源であり、成長するためには必要な栄養を母乳から補っています。
母乳あるいは粉ミルクを飲む際、一緒に空気も飲み込んでしまうため、胃の中に空気が溜まってしまいます。
げっぷを出さずにいると、胃の中で逆流してしまい、飲んだ母乳を戻してしまい、息苦しさを感じてしまう場合や時として窒息してしまう危険性もあるために上手に出させることで息苦しさから解放させることができます。
授乳後、どうしても出ない時や授乳中にそのまま寝る行動を取ってしまう赤ちゃんもいるため、こうした場合、寝ている最中にミルクを戻しても大丈夫なように顔を横向きにして寝かせることも必要となります。
また、目安として5分ほど擦っても出ない場合、一旦ベビーベッドなどに横向きに寝せることで胃の中の空気が上がってきて出やすくなります。
寝返りのできない赤ちゃんは、うつぶせの姿勢は胸や呼吸器が圧迫されて危険を伴うため、横あるいは頭を高くさせる寝姿勢を取ることも必要です。

スポンサーリンク

げっぷの出し方は一般的に、肩に担ぐような姿勢を取り、背中をポンポンと叩いたり手のひらで優しく下から上に擦ることによって上手にげっぷを排出させることができます。
ですが、空気を出さずに寝る場合、ミルクを吐き出してしまうリスクが高まりますが、多少の母乳の吐き出しは問題がなく、逆に吐き出されずに食道や鼻などにミルクが詰まるリスクがあるため、冷静な対処が母親には必要となります。
赤ちゃんは基本、鼻呼吸であるため、吐き出しが見受けられた場合には鼻の通りも確認しておきます。
ミルクと異なり、母乳には稀に脂肪分の塊などが同時に胃の中に入ってしまう場合や、市販されている粉ミルクの場合には粉が溶けきれないまま胃の中に入ってしまう場合があるため、吐き出す際にこうした塊が一緒に出てくる場合があります。
赤ちゃんの様子を観察し、鼻呼吸の乱れや痙攣、ひきつけなどを起こしていない場合には安静にして、次の授乳時間までを観察します。

スポンサーリンク