生理前 胃もたれ げっぷ

生理前の胃もたれとげっぷについて

スポンサーリンク

生理前に体調を崩すという女性は多いです。
このような生理前特有の症状はPMSと呼ばれており、腹痛やイライラなど様々なトラブルが生じることが分かっています。
このようなPMSでは、吐き気や胃もたれといった消化器症状多く見られます。
場合によってはこういった症状でげっぷが増えるといった不快感に悩む方もいるのです。
生理前は、女性ホルモンのバランスが大幅に崩れることが指摘されています。
そのため、様々な体の機能に悪影響を与えてしまうわけです。
げっぷは、食事などを通じて取り込んだ空気が逆流してくることで生じてきます。
このような症状が現れる病気としては、例えば逆流性食道炎が挙げられます。
胃もたれによるげっぷが増える生理前には、実際この逆流性食道炎と似たような症状に悩まされる女性も多いのです。
胃酸がこみ上げてくるような気がしたり、吐き気を感じることが増えてきたら、逆流性食道炎の症状が現れている可能性があります。

スポンサーリンク

こういった症状を抑えるためには、食生活に気を配ることが一つの対処法になります。
胃酸を増やす刺激物の摂取は避け、胃に優しい食品を意識してとることが大切になるのです。
従って、カフェイン飲料や炭酸飲料などは極力避けます。
脂分の多い食品も胃に負担をかけることから、生理前は特にあっさりとした料理に切り替えると、胃の働きを落とさないで済むのです。
甘い物もこの時期は控えた方が賢明と言えます。
また、胃もたれやげっぷは精神的な要因からも起こることがあります。
ですので、精神を出来るだけ安定させてリラックスした心境で過ごすことが生理の前には特に大切になります。
イライラや不安を感じやすくなる時期でもあるため、上手な気分転換の方法を見つけることが、この時期を快適に乗り切るための知恵となるのです。
自分の毎月のサイクルが分かってくれば、時期に応じて適した生活を送ることが出来ます。
症状がひどいときには、専門医に相談するという方法もあるのです。

スポンサーリンク