臨月 胸焼け ゲップ

臨月には胸焼けやゲップの症状が出ることがあります

スポンサーリンク

胸やけやゲップは妊娠中の女性には特に多く見られる症状です。
初期のつわりの時期はもちろんのこと、場合によっては出産が近づく臨月にこのような消化器症状が現れてくることがあるのです。
臨月には、胎児が下に下がってくることによって体の状態も徐々に変化してきます。
このような影響が胃腸に現れることも実際多く、この時期に胸焼けやゲップが増えてくるといった女性も意外に多いのです。
場合によっては、このような胸焼けがさらに悪化して逆流性食道炎などを起こすケースもあります。
出産を控えた臨月は、体調を整えることに特に集中する必要があります。
特に食事に関しては、いつもよりも気を配ることが大切になるのです。
胸焼けやゲップといった症状が現れると食欲も落ちがちになり、十分な栄養が摂取出来なくなることも考えられます。
そうなると出産にも悪影響を与えることがあるため、特にこの時期には胃腸を整えることに力を注ぐ必要が出てくるのです。

スポンサーリンク

臨月の食事は、カロリーや塩分にも注意する必要が出てきます。
この時期に食欲が増す方の場合には、特にこういった点には注意が求められるのです。
食欲が増えたことで食事の量が大幅にアップしてしまうと、時にカロリーオーバーを引き起こし肥満状態に陥ってしまうこともあります。
こうなると、出産の際にも様々なトラブルが予想されますので、極力この時期の肥満は避けたいわけです。
また、塩分の摂取にも気を遣うことが大切です。
妊娠後期の臨月に高血圧などを発症すると、出産時のリスクも高まります。
ですので、この時期は血圧コントロールを意識した食事をとることも大切な工夫となるのです。
ラーメンなどのインスタント食品には意外に多量の塩分が含まれていることが多いため、安易に利用しないことが必要になります。
また、漬物や煮物なども極力薄味を心がけることが大切なのです。
最後になって体調を崩すことのないように、特にこの時期は気を配ります。

スポンサーリンク