赤ちゃん げっぷ 理由

赤ちゃんにげっぷをさせる理由と出ない場合

スポンサーリンク

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んだ後に胃の中の空気やガスを口から排出する役目のげっぷをさせる必要があります。
その理由はいくつかあります。
まず一つ目は、飲んだものを吐かないようにする為です。
首が座る前までの赤ちゃんは、ミルクや母乳と一緒に空気も飲んでしまいます。
これは、首が座る前までの赤ちゃんはミルクや母乳を飲みながら呼吸をする事が出来る為に起こります。
げっぷをしないと、胃の中に空気が入ったままの状態になり吐きやすくなってしまいます。
吐くということは、一生懸命飲んだものが無駄になってしまい消化吸収が悪くなります。
また胃に空気が残ると息苦しさを感じます。
大人ならば自然にできる行為ですが、首が座る前は自分では出来ません。
飲んだら必ず親が手伝ってげっぷをさせる必要があります。
首が座るころになると、喉の機能が大人と同じようになってくるので呼吸をしながらミルクや母乳を飲む事が難しくなり、自分で呼吸を調整する事が出来るようになります。

スポンサーリンク

げっぷをさせる方法はいくつかあります。
例えば、赤ちゃんを親の足に座らせて背中をたたく方法です。
他には方に担いで背中をたたく方法もあります。
また叩くよりも背中をおしりから上に向かってさすってあげるような方法もあります。
どのやり方が良いのかはその子によって異なるので、色々と試してみて一番良い方法を実践する事をおすすめします。
しかし色々な方法を試しても上手に出ないような時もあります。
また出にくい子もいます。
出ない時は無理に出そうとする必要はありません。
代わりにおならとして空気が出てくる場合もあります。
また母乳の場合ミルクに比べて空気を一緒に入れる事が少ないので、そもそも空気が胃の中に入っていない可能性もあります。
しかし出なかった場合は、吐きやすくなってしまうので、寝かせる際は頭を横に向かせて吐いたものが逆流しないように気を付ける必要があります。
親がげっぷを手伝う時期はわずかです。
そのわずかの間は、母乳やミルクを飲んだ後は赤ちゃんの様子を気を付けて見てあげる事が大切です。

スポンサーリンク