ゲップが止まらない ストレス

ストレス性によるゲップが止まらない症状

スポンサーリンク

人はストレスを多少なりとも、抱えて生きています。
しかし、うまく対処しきれなくなると身体が限界だと教えてくれます。
そうなると、さまざまな身体的症状が出てくる場合があります。
その中の一つに、ゲップが止まらないといった症状があります。
普段の生活の中で、誰もがゲップを一日数回します。
しかし、ゲップが止まらないと気になるほどの症状が出れば、正常ではありません。
そもそもゲップは、胃に溜まったガスや空気が食道や口腔を通り、体外に排出される現象のことを指します。
食後にゲップがよく出るのは、食事とともに空気が入るためです。
これは、基本的に臭いがしないものです。
しかし、空気を飲み込み過ぎることで起こるゲップは、ストレスと深い関係があります。
ストレスや緊張を感じると、息や唾液を無意識的にたくさん飲み込みます。
これにより、体内に空気が溜まってゲップが止まらなくなります。
また、ストレスで胃腸の調子が悪くなり、ゲップや胸焼けを起こす場合もあります。
これは、臭いがあるとされます。

スポンサーリンク

もし、ゲップが止まらないといった症状で悩んでいて、思い当たることがあれば、それはストレス性の可能性があります。
また、病院に行ったはいいが改善されなかったという時もそうかもしれません。
そういった場合は、不安感や緊張感などの緩和をすることが、まず第一の治療になります。
心療内科を受診することや誰かに相談してみる、リラックスできる環境を作るなど、内に押さえ込んでいるものを解放できる状況を作ります。
漢方薬を服用することも良いです。
病院で処方してもらった薬では、症状が良くならなかったが漢方薬で治ったということもあります。
また、適度な運動をすることで、気持ちのいい汗をかくと心身ともにリフレッシュできます。
内面のことだけでなく、身体を動かすこともリラックスに繋がります。
決して無理はせず、自分が気持ちいいと思える位がちょうどいいです。
そして息や唾液の飲み込みを意識し、余計な空気を飲み込まないように注意を払うこともゲップを抑えることになります。
これらを試してみると、改善されるかもしれません。

スポンサーリンク