逆流性食道炎 ゲップ 止まらない

ゲップが止まらない病気は逆流性食道炎以外にもたくさんあります

スポンサーリンク

 ゲップは、胃の中などにあるガスを外へと排出するときに起こる生理現象です。
しかし、ゲップの回数が多い状態のまま止まらないという状態の場合、逆流性食道炎の兆候があります。
 逆流性食道炎は胃などの消化駅が食道に逆流することで炎症を起こしてしまう病気のことです。
主な主症状としてはゲップのほか胸焼けや胃もたれ、呑酸という胃液ののどへのこみ上げなどがあります。
さらにこの症状にかかることにより咳や喘息を起こしたり、不眠になることもあります。
 こういう状態の場合においては、内科療法を行い主に薬を使って改善に導いていきますが食事療法を行い食生活を指導することも大事となります。
太っている傾向がある人の場合、この症状の可能性が高くなってしまうためです。
ですのでカロリーを抑えてダイエットをすることは何よりも病気改善のためには大事なこととなります。
 また、規則正しい生活を行うことも病気の進行を止めることには必要な要素となっています。

スポンサーリンク

ゲップが止まらない場合には、実は逆流性食道炎だけではなくさらに色々な病気が潜んでいる場合があるため注意を要します。
 例えば食道穿孔ヘルニアという病気は食道に穴が開くことで胃の一部が胸腔の外へと飛び出してしまいます。
これも症状としては逆流性食道炎のときと同じ症状になります。
たばこや刺激の強いものを飲み食いした場合などに起こりがちです。
こちらはもしもかかった場合には薬も投与しますが、場合によっては手術を受ける必要があることもあります。
 他にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍においてもゲップが止まらなくなる場合があります。
こちらの主症状として強いストレスを受け続けたことで発生する可能性が高くなります。
ストレスのあまりない環境で仕事をするほうがよいとされています。
 上記の挙げたいずれの病気も放置すると胃がんや食道がんなどの重大な病気の発生原因になります。
ですので、早期に発見することが必要不可欠となっていることは間違いありません。
また、生活習慣はできるだけ見直して規則正しい生活をするようにしましょう。

スポンサーリンク