臨月 ゲップ

臨月に伴うゲップについて

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、臨月に伴うゲップについてというテーマでお話ししていきたいと思います。
臨月になると、ゲップやおならがたくさん出ることがあると思います。
人によるし、体質にもよりますが、そういう悩み事が妊婦さんの間で交わされていることから、頻繁に起こる症状だということがわかります。
どうしてこのような症状が起こるのでしょうか?
一緒に探って行きましょう。
臨月に起こるいろいろな症状
1.体重が増加する。
臨月になり、お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると、体重も増加して行きます。
人によっては、1周間ごとの妊婦健診で2キロぐらい、増加することも!

 

普通にお食事しているのに、体重がどんどん増加するのは、悩みものです。
なるべく、体のむくみが出来ないように、塩分を控えめのお食事にし、毎日の散歩を日課にして、体を動かすようにしましょう。

スポンサーリンク

2.内臓が圧迫される。
臨月になると、子宮が大きくなっていきます。
そうすると膀胱や胃は圧迫されるようになります。
圧迫されて起こる症状が、頻尿になる、便秘がち、食欲が無くなる、食べたものが逆流してしまう、体が重く感じられるなどなどです。
中でも辛いのが、食後に一息つこうと横になると、食べたものが逆流して、ゲップを何度もしてしまうことです。
また、人によっては、胃もたれが酷くて、ゲップをしたくても出ない場合もあります。
ゲップが出ないと胃液が出てきて、喉まで逆流することもあります。
これは喉づわりと言って、臨月にやってくる後期つわりの事を指します。
赤ちゃんが大きくなってくれるのは、嬉しいことですが、胃がこのような状態になるのは、本当に辛いですよね。

 

この場合、大事なことは、軽い運動をして、食事も少量に分けながら少しずつ摂取することです。
無理に食べようとすると、苦痛になりますし、赤ちゃんは、既に母体のあらゆる場所から栄養を摂り続けているので、神経質になる必要はありません。
この時期はゆっくりと過ごすようにされてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク