ゲップが出ない 苦しい

ゲップが出ないで苦しい時の対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、ゲップが出ないで苦しい時の対処法というテーマでお話ししていきたいと思います。
ゲップはお食事の後に出てしまう症状で、出るとマナーが悪いのですが、かと言って、出ないと苦しいものです。
このゲップが体に溜まってしまう原因は主に次のような事柄です。
-早食いをする癖がある。
-日頃からストレスが溜まっている。
-麺類や炭酸飲料を摂取のしすぎ。
早食いをする癖がある人は、普段から空気を飲み込んでいます。ですので、ゆっくり咀嚼して空気を飲み込まないようにお食事することが大事です。
また、日頃からストレスが溜まっている方も要注意です。
心の状態と胃は直接の繋がりがあります、胃はデリケートな臓器なのです。
ですので、ストレスが溜まっていると、胃腸の機能も気が付かないうちに低下しています。
それすると、体内に空気が溜まりやすくなります。
ですので、日頃から、気晴らしする癖を持つようにする、休日に、時間があったら、ジョギングやウォーキングをしてストレスを発散するなど、工夫されるといいですね。
それではここで具体的に、ゲップが出なくて苦しい状態から脱出するためにどうしたらいいのか、方法とお伝えしましょう。

スポンサーリンク

1.背中を自分で叩く。
赤ちゃんのゲップも背中を叩いて、出してあげるのでそれと同じ原理です。
胃の下の裏側の背中の部分を、自分で叩いてみましょう。
自分だとやりにくいので、家族の方にやってもらうのもいいですね。
2.深呼吸を何度もする。
深呼吸を何度もしてみてください。ゲップが出るまで、大きく吸って吐くを繰り返すのです。
3.みぞおちを押す。
みぞおちは、胸焼けにも効果があるツボです。ここを両手の指先を使って優しく押してあげます。
一押しにつき、10秒から1分くらいは時間をかけてくださいね。

 

色々と方法がありますので、試してみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク