ゲップが多い 胃痛 病名一覧

胃痛があってゲップが多い場合の病名一覧

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、胃痛があってゲップが多い場合の病名一覧というテーマでお話ししていきたいと思います。
ゲップは、胃の中にあるガスが食道を通って、口から出る症状を指すのですが、ゲップが多い方には胃の病気が隠されている場合があります。
ここでは、その病名について、お伝えして行きたいと思います。
1.逆流性食道炎
逆流性食道炎とは、胃酸の逆流が原因で引き起こされる疾患です。
何かの原因で、胃酸が食道に逆流すると、食道の粘膜が炎症を起こします。
そしてこの逆流が繰り返されると、食道の粘膜に潰瘍やただれが生じ、呑酸や胸やけなどの不快な症状が起こります。
これが逆流性食道炎です。
症状は、胸の痛み、咳、喉の違和感、胸焼け、呑酸などです。

スポンサーリンク

2.十二指腸潰瘍・胃潰瘍
胃酸、非ステロイド性抗炎症薬やピロリ菌などにより、十二指腸や胃の粘膜が傷つけられ、組織や粘膜の一部がなくなってしまう疾患です。
症状は、胸焼け、呑酸、膨満感、食欲不振などです。
中には、全く症状がない場合もあります。
3.慢性胃炎
胃の粘膜に炎症が起こってしまう疾患です。
症状は、胃もたれや食後の腹痛、または、常に胃に不快感を感じます。
或いは、空腹時にも胃に痛みを感じ、食欲不振になることもあります。
また、吐き気や胸焼け等の自覚症状を伴う場合とほとんど自覚症状を伴わない場合とがあります。
4.胃がん
胃の粘膜内にある細胞が、何かの原因でがん細胞になってしまう疾患を指します。
症状は、胃の不快感、違和感、痛み、胸焼け、吐き気、食欲不振です。
ただし、これは胃がん特有の症状ではなく、胃潰瘍や胃炎の可能性もあります。
何よりも大切なのは、医療機関にて検査を受け、症状の原因が何なのかを突き止めることです。

スポンサーリンク