ゲップが多い 胃痛 対処法

胃痛があってゲップが多い時の対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、胃痛があってゲップが多い時の対処法というテーマでお話ししていきたいと思います。
ゲップはどうしておこるのでしょうか?
ゲップとは、胃の中に溜まった空気が食道を介して出てくる現象です。
皆さんも経験あるかと思いますが、炭酸飲料を飲むと気体が溶け込んだ液体を飲むことになるので、ゲップが出てきます。
また、赤ちゃんはミルクを飲む時に一緒に空気も飲み込んでしまうので、必ずゲップをさせてあげる必要があります。
普段から胃にはある程度は空気が溜まっています。そして、食べた物を消化する際には、少々胃に空気がある方が消化がスムーズに進みます。それと、空腹状態の時でも、胃の大きさを保つ目的で空気が常に入っています。
ただし、胃の中が、食べたものと一緒に入ってきた空気のせいで膨張すると、食道に逆流を起こして、ゲップが出てきます。

スポンサーリンク

それと食事とは関係なく、ゲップが出る場合があります。
普段、口で呼吸している空気は、気道に流れて、肺に送り込まれます。
ですが、空気を飲み込む癖があると、空気が気道にはなく、食道に送り込まれてしまうのです。
このような症状を「呑気症」といいます。
この「呑気症」には、上記のように、無意識に空気を飲み込んでしまう場合や食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまう場合があります。
それでは、このゲップが多い症状はどのように対処していったらいいのでしょうか?
それには、食べる時にゆっくりと噛んで、空気を飲み込まないようにすることが何よりも大事です。
急いで飲み込むようにして食べると、空気が食べ物と一緒に飲み込まれてしまうので、ゲップが多い原因となります。
また生唾を飲み込むことも空気を飲み込むことになるので、気をつけなければなりません。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク